スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2兎追うものは1兎も得ずー日替わりメニュー「普天間」-12月は面白い

民主連立政権に操られるな
  焦っているのは日米政府

 
あわてるコジキは貰いが少ない 急がず あわてず 
 年内決着見送る
   日替わりメニューで動くであろう
 アメリカは欲張りである。新基地とグワムの基地を日本政府に作ってもらう。日本国民は愚かでない。やくざ軍団海兵隊(遠征軍団)にささげるほど愚かでない。その矛盾が噴き出る年末となるであろう。

今、大事なことはアセス関連予算を組まないこと。
 今日も辺野古河口で生物調査している。新種36発見に見られるように「いであ」に金を貢ぎ、でたらめな環境アセス、最低、止めることが、社民党の役割。

IMG_0001_20091204085531.jpg
 日米合意見直しは
   ロードマップ2014年
     微調整(南移動)
 ゲーツの恫喝は「ロードマップ」であった。今日のタイムスに首相の「ロードマップは生きている」との記事あり、辺野古の新基地建設は工程表に狂いが生じている。
 日米合意見直さないと無理、2014年取り払うと日米合意「重い」が通用しなくなる。タイミングが悪いと判断したのであろう。
 沖縄を食い物にしてきた首相たちの孫には政治判断できない。世襲的幕藩民主主義の限界である。
平成の維新がない限り、日本は「米国追従鎖国」体制と言ってもいいのではないか。
 民衆の心が読めないから民主連立政権、外務省主催なのか、民主党主催なのか、わけのわからない「住民意見聴取」、糸満は中止のようだ。北沢は渡米から、」グワムに切り替えた。アメリカに間違いはないが。
 こんなこと、普通の政府なら考えられない。
 行政の初歩的問題である。 面白い12月が起こっていると見るべきであろう。
 名護市長選挙を踏み絵にして、沖縄を張り付けの刑にする腹だと思われる。年末にかけて日替わりメニューで動きがあるでしょう。

IMG_20091204085549.jpg
  宜野湾市民は
   普天間返還都市構想を描いた高校生(1991)が中心になった時代
小学生、高校生が普天間返還・都市構想を描いたのが1991年。
 
彼らが今、伊波市政を生み出し支えている。
   日米政府は、このことを知るべきだ


IMG_0002_20091204163657.jpg
 宜野湾市の都市構想
  高校生の都市構想がベースになっている。

IMG_0003_20091204172045.jpg
(宜野湾市の資料から)
 昨日(4日)のニュースは普天間のグワム移転。
 (続きー名護市長選挙一口メモ)
名護市長選挙
  島袋陣営の死にもの狂いの動き

 昨日午後5:45分ごろ、ビンゴが激しく吠える。
 島袋市長が元高校教師と議員ひきつれて、玄関にあらわれたようだ。ビンゴも辺野古の闘いの1員、激しく吠えるのだと思う。ところ、構わず訪問しているから必死だ。「犬も食わぬ島袋名護市政」。
 基地問題争点反らしの中、基地いらない声出さないといけないが・・・・・。


IMG_0004_20091204175631.jpg

名護では
 岡田外務大臣「住民意見聴取」
    午後3時  大西公民館
    主催 ???????
宜野湾では
    「沖縄シンポ」
     志位共産党委員長
     伊波宜野湾市長
      2時 コンベンション
  主催 全国革新懇談会
 12月5日も目が離せない
 12月は名護市で毎年何かが起こっている
12月5日の辺野古
    朝日がきれいだ
008_20091205104557.jpg
朝日を受けて
  嘉陽夫婦と志位和夫日本共産党委員長

033_20091205104615.jpg
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。