スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ



 泡瀬裁判高裁結審  23日
     夜、沖縄市農民センターにて報告集会
10月15日 判決
      (辺野古の10月10日の2000日座り込み集会意義ある集会となる)

 第4回沖縄県環境評価審査会
    7月30日(木) 2時30分
    住民団体から意見聴取
     沖縄県庁
 
 高江審尋裁判
   7月27日(月) 3時 集会2時
    那覇地裁
     (28日から高江警戒態勢強化の必要あり)
 
   辺野古違法アセス提訴説明会
     7月29日(水) 6時
     大西公民館
     全国の方が原告になれます。ヘリ基地反対協ホームページ注目してください。
      「宝の海」ヘリ基地反対協からリンクできます。


 沖縄・生物多様性市民ネット結成総会
     7月25日(土) 2時
     沖縄市農民センター
 
高江座り込み3年へ、激励集会
    8月1日(土) 2時
     東村平良農民研究センター


   大切なものは失ってはいけない
       沖縄的なものを潰す蠢きの中で

 日程がぎっしり、昨日、沖縄の焼き物について書いた。原稿のタイトルは「大切なものは失ってはならないー沖縄的なものを潰すうごめきの中で」。
 沖縄戦では母の金の簪など村の文化財を米軍は戦利品として米国へ、ベトナム戦争戦利品は壺など、今、ジュゴンなど沖縄の自然破壊。
 市場でスク買う。馴染みの店で半斤入れのビニール買った「何に使うの」聞かれ「スク」の冷凍、昨日塩がよく売れたとも話した。スクガラスー作りだ。
 旬の味覚が家庭でも行われている証だ。

 環境アセス審査会への意見書
    沖縄県平和委員会大久保事務局長
  
 第3回審査会にジュゴン・海生生物の意見書、第4回は「アジサシ」に絞って意見書完了。3年間の調査記録と写真1枚添付、A410枚になった。

 意見書には審査会が準備書を容認すること及び評価書にゆだねるなどは沖縄生物・生態系学についての批判「沖縄生物学・生態学の世紀的時代遅れではないか」の疑問も付している。発送後ブログに記載。

 今日のメールで「琉球大学事件のシンポ」が送られてきた。琉球大学は開学期は米軍支配の道具である。今は、日米の、そして、環境破壊の容認が顕著に林学政策などで表面化している。審査会11人の現委員の中で10人が琉球大学である。沖縄防衛局及び環境政策課のレールでの答申になる。
 知事意見後の闘い続く、文書(公的)を提出することは明確な論理を築くことでもある。
 評価書にゆだねるなら、開学以来の伝統、権力に奉仕する大学の姿が見えてくる。
琉大事件、大学は絶対に謝罪しない。いや、なしえないであろう。

 大久保事務局長の軍事機能面からの意見書がメールで配信されてきた。軍事面でかなりのか所に言及している。
 3回審査会で、ヘリ故障機運搬に3万トン級の貨物船の説明に1600Mの滑走路はC-17輸送機
の布石と呼んだ。後出し機種になる。大久保事務局長も同じことを書いている。
審査委員のみなさんには読めないであろう。次回の意見書に書く。

生物多様性ブースもアジサシ1本に絞った。写真及び資料完成。休めない日々が続く。
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。