スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国政選挙と辺野古・高江の座り込み

   民主党県外移設
    マニフェストに掲載せず
 
タイムス、新報読んだ。「やはり」。赤旗を読んでも日米同盟を柱にして、9条と核廃絶を強調siteite
、基地やグアム協定など、新基地問題、かすみ始めた。24日の赤旗の志位委員長のテレビ発言にも出ない。昨日は自民党は全国の新聞に(沖縄2紙広告)「日本の未来が、危ない」広告に「グワム協定」実績として他党攻撃している。
 日米同盟が日本の未来を危うくしている。核廃絶の課題はこのブログで昨年以来世界の重要な課題と書いてきた。日米同盟の鍵とされる現場からは、民主後退に、共産党も触れないことでかと危惧する。共産党は自民党が実績としているのを切るべきで、日米同盟と核廃絶は深い関係にあるが、日米同盟から発生していることではない。
 民主党は地位協定問題も後退させた。政権交代論「劇場」で、改憲競い、非核3原則・沖縄を後退させた。「劇場」の作り出す幕は「翼賛日本」を暗示するようだ。小泉「劇場」より深刻か。

 7月21日「ヤマトンチューになりたくてもなれない心」を書いたのはこのような問題起こるであろうとの思いで、自民党の国会議員にもなった西銘氏の言葉を引用した。
 
日本の戦後史は外交問題(米軍基地)は常にアメリカで暴露される。国内での自浄能力がないことだ。憲法改悪の根源は日米同盟、日本の基地は日米同盟の姿、経済・財政の従属もしかりで、この転換(日本の軍事自立の思惑も含む)が密約問題として浮上、核抑止力を強調したのはオバマ大統領であった。(麻生・オバマ会談冒頭)
 
 核廃絶と核抑止力のダブルスタンダードの危険性、オバマ核廃絶に再編成の新基地反対運動が、国政選挙で「蚊帳の外」におかれる。運動としても選挙が中心になる。

   米TACに加盟
      ASEAN地域フォーラム
 辺野古の闘いは国連総会決議「平和の文化」(1999年9月)の紛争の平和的解決、非暴力を柱とする。アメリカがTACを承認した。加盟は世界人口の65%、50億人に近ずく勢いだ。敵を想定せず紛争の平和的解決を目指す。「ASEAN憲章」は外国軍隊基地の自粛をも宣言している。
 東アジア首脳会議の参加条件だ。
 戦後日本は「敵」を想定して旧ソ連、中国、北朝鮮を仮想的とし、平和外交を拒否、核抑止力を強調し始めた。この間、ラテンアメリカの動きにも紛争の平和的解決、外交の自立、域内友好、経済協力の進展がある。
 日本の貿易構造もアジア中心になってきている。近隣諸国との友好の障害は日米安保にある。その中で偏狭な日本主義が台頭してきたのも事実。世界の紛争地に軍隊を出すために日本は熱心だ。
 日本の軍事力を国際的試算方法をとれば膨大になる。米軍基地関係は防衛省予算だけではない各省庁にまたがっている。
 

   選挙の中で
     闘いの場を守る
 
 日本のアセスは事業アセス(ベスト型)で有るから、環境アセス審査会で戦略的アセスにはならない。限界を持つ、違法アセスの提訴も行う。
 それでも、審査会を当面の重要な闘いとして意見書など個人的にも行う。COP10(来年10月)に向けても取り組む。調査も必要だ。この夏、昨年はジュゴン違法調査監視で船上に居りすぎて、入院、今は海上やテント村に長くはおれない。いざと、いうときは、現場体制。8月からは高江・辺野古に週のいく日は責任持たなければならないであろう。

   パソコン技術
    教えてくれる人おりませんか
   メールは世界にもつながっていますが、宝の持ち腐れになっています

 週1回の海上調査、メール、ブログでの情報発信。年金生活に平和丸・ジュゴン1号管理などで財政は困難。パソコン無料で教授してくれる人求めています。写真添付や情報添付の仕方など。
 海上で出会う米軍・兵士、生活風景、陸上海上の生物など少なくない写真が眠っています。

    高江座り込み2周年(3年目) 激励集会
      8月1日(土) 2時
      農民センター(平良)
       参加とメッセージを

  
  7月27日(月)審尋(2時、那覇地裁)

 沖縄・生物多様性市民ネットワーク結成総会
     7月25日(土) 2時
     沖縄市農民研修センター
      高江、泡瀬、辺野古などのワークショップあり
   (私はアジサシに絞ってべニア1枚使用) 完成


パソコン音痴
「宝の海」は現在のところ、
  ヘリ基地反対協のリンク集からしか入れないようです。


記事URL:http://teruo024.blog47.fc2.com/blog-entry-18.html

スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。