スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニングワチカジマヤーー希望と多難な道

今日の辺野古テント村
 ニングワチカジマヤー
  炸裂する雷と叩きつける雨
 8日(就任式)は晴れ、9日山梨の団体さん海上案内も晴れ、家に帰り休憩、散歩から帰リ玄関に着くとポツリ太い雨、しばらくすると雷炸裂、一時的強風を伴って激しい雨、ニングワチカジマヤー(温帯低気圧、2月の風の回り、台湾坊主、春一番)の始まりだ。
 
平坦な道ではない稲嶺市政。
 辺野古の海上の闘いで怖いのは、平和丸に巡視艇、大型ゴムボート数隻配置する海上保安庁でもない。漁師が台風以上に警戒するのは温帯低気圧、ニングワチカジマーイである。海の責任者として、雲の動きを見て雷の発生、強烈な突風の発生など、雲の動きを見て読み切ること、保安庁からは逃げられるが雷からは逃げられない。辺野古の海では久志岳、辺野古岳、名護岳の雲の動きで撤退判断した。「命ど宝」。
 台風は進路がある。ニングワチカジマヤーは進路ない。


 沖縄タイムス社説お読みください。
  社説の中に写真を織り交ぜることお許しください。


稲嶺名護市長就任]政府は断念を明言せよ政治 2010年2月9日 09時35分
(6時間5分前に更新)

 名護市長選で当選した稲嶺進氏(64)が初登庁した。稲嶺氏は、職員へのあいさつで「名護市は、米軍普天間飛行場移設問題で全国区というありがたくない称号を受けてきたが、早く終止符を打ちたい」と、辺野古の海に新しい基地はつくらせないことをあらためて表明した。政府や県に移設反対の意思を直接伝える考えだ。
001_20100209154502.jpg
(大分県 社民党議員関係者 9日午前)

 移設反対を掲げて当選した稲嶺氏のバックには明確な民意がある。「使命と重責を担う緊張感で身が引き締まる思い」と決意を語った。鳩山由紀夫首相と、まだ辺野古移設反対を言明していない仲井真弘多知事は、もう辺野古移設は無理だということを認識すべきだ。

 移設先を探っている政府・与党でつくる沖縄基地問題検討委員会は5月末までに最終結論を出すとしているが、「ゼロベース」で検討するといい、辺野古をまだ候補地から排除していない。防衛省も環境影響評価(アセスメント)の手続きをストップしていない。米国もなお辺野古にこだわる姿勢を崩していない。

003_20100209154514.jpg
 (説明するヘリ基地反対協議会事務局長(名護市議))

 稲嶺氏の登場で県内の潮目は完全に変わったといっていい。県政与党の自民は県外移設を求める意見書・決議案を2月定例会に提案する。同じ与党の公明も同様の考えで、全会一致を目指す。

 政府は万が一にでも、移設先を辺野古に戻すようなことがあってはならない。昨年8月に政権交代を果たした衆院選、そして名護市長選で示された辺野古移設反対の民意を自ら裏切ることになり、旧自公政権よりも悪い。民意をないがしろにして政治ができるはずがないからだ。
004_20100209155544.jpg
  (山梨民医連、高江からの帰り、合理的時間の使い方、汀間漁港から 1時30)

 名護市が抱えているのは移設問題だけでないことはいうまでもない。移設問題が浮上してからこの間、市には北部振興策や島田懇談会事業などで600億円以上が投下されたが、市民生活の向上につながらず、政府の基地政策が破綻(はたん)したことを意味する。


 市民の命にかかわる産科・婦人科・小児科医師の恒常的な不足、シャッター通りと呼ばれる中心市街地の衰退に歯止めがかからない。完全失業率は県平均を上回り、1人当たりの所得は北部圏平均をも下回る。空き店舗率は約2割、1000万円以上の負債を抱え倒産した建設業者は2000年から40件近い。

 稲嶺氏には移設問題を片付けたとしても、これらの難題が待ち受けている。順風満帆の船出といかないことは自身が一番知っているはずだ。


005_20100209154526.jpg
 (平和丸から)

 稲嶺氏は職員に「変化に対応できる柔軟な発想や想像力」を求めた。「豊かな自然や歴史、文化の特徴を生かした独自の街づくり」を訴え、移設による振興策に依存しない方向性を示した。観光と農業を念頭に、従来の政策から大転換したといっていい。

010_20100209154539.jpg
 (アセス逃れの兵舎など、青年たち平島丸で学習)

 民意を尊重しない民主主義はあり得ない。政府は最終結論を出す前に沖縄県内は候補地から除外することを明言すべきだ。辺野古が移設先として浮上してから十数年間にわたって地域コミュニティーが移設反対派と賛成派に分断された。地域を修復・再生させることも重要な課題だ。

 (続きー平島沖岩のアジサシ1)
なぜ、アジサシなんぞにこだわる
 「生きとし生きるものが名護市民となる」
 1999年12月、岸本名護市長が軍民共用空港受け入れ、私は「地球の生きとし生きるものすべてが名護市民となる」と書き、「学際的」闘いに発展するとした。辺野古の闘いは21世紀の人類がめざす「平和の文化」と「生物多様性保全が」結合する必然を持ち、闘いの礎とした。
 沖縄アジサシと
  環境省ホームページ
 スーさん浜ちゃんコンビ「釣りバカ日記」終了のようだ。私は船舶免許、船も持っているから「釣りバカ」は、浜ちゃん以上かも知れない。冷凍庫も二つ設置している。
 アジサシの群れを見るとトローリングの開始だ。辺野古の闘いでもアジサシ観察怠らない。環境省のホームページは「沖縄アジサシ」について注意事項を書いている。


IMG_0002_20100209180051.jpg

IMG_0003_20100209180102.jpg

 防衛省準備書
  「重要な繁殖地と思わない」と一蹴
  環境省も繁殖期大きな過ちを犯している
 辺野古アジサシの繁殖地は環境省のホームページのような場所でないことはすでに長島アジサシで見た。また、繁殖時期も5月・6月でないことも、これから公開する写真で判明する。環境省が「とくに5・6月注意」としたため、環境省の1面的な記述で防衛省は7月21日から9日間連続して平島・長島上陸営巣数確認したと推測される。愛楽園でも環境省の委託と思われる調査員は、雛にワッカをつけていたのは8月13日である。
 
 環境省は自分の足と目で確かめて書いているのか。私の幼いころよりの観察では石灰岩にアジサシは群れている。
 
 さて、平島沖岩の8月2日から12日までを写真で見てみよう。
 参考に辺野古アジサシ04年419(沖縄野鳥の会)、05年7月11日140羽(琉球新報沖縄野鳥の会、琉球諸島を世界自然遺産にする会)、防衛省準備書、沖縄の調査、wwfjの調査でもこの岩は出てこない。しかし、09年は辺野古アジサシの中心的繁殖地。二つの岩からなっていて東はベニアジサシ、西の岩はエリグロアジサシ。


IMG_20100209162653.jpg

IMG_0001_20100209162706.jpg

スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。