スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sannpo

 散歩を怠らず
   草花を楽しむ、童謡に会う
  

散歩しながら新聞を
   考えた。
15日の沖縄の新聞、1面に下地幹郎の「県内移転、基地分散論」(昨日ブログに添付)、またかと、あきれる。シュワブ陸上案は06年日米政府が「喧嘩」劇場演じた。この移転分散論は高江までかかわって来ると書いた。玉城デニー議員が高江で動いたようだ。
 沖縄防衛局は沖縄ジュゴン環境アセスメント監視団の要請全て拒否、強圧的姿勢に出た。自公政権より悪い。おそらく、名護市に対しても、野中広務自民幹事長、岡本(元沖縄大使)が連日電話攻勢をかけたような事態が起こっているかも知れない。沖縄の闘い腹をくくる必要ありそうだ。評価書の公告縦覧のための動きで大物の来沖あるかも知れない。
 花を楽しみながら
  リズムの散歩
 大北小学校の塀に桑の実がついた。三木露風の「赤とんぼ」が唇から出てきた。
 021_20100215180537.jpg 

作詞:三木露風 作曲:山田耕作
   夕焼け小焼けの 赤とんぼ
   負われて見たのは いつの日か

   山の畑の 桑の実を
   小篭に摘んだは 幻か

   十五で姐やは 嫁に行き
   お里の便りも 絶え果てた
 私の世代はミミズもネズミも食べた。「ウサギ美味しい かの山」と歌っていた。ウサギ
も鶏も食べるための家畜。沖縄にはウサギは山にいない。屋敷で「追う」が「かの山」で
はない。
 三木露風「負う」も、トンボを「追う」。「負う」」背中でおんぶされての意味であろう。凄い記憶
力だと思う。
 私の幼い頃。「クワムヤー」(子守役)がいた。専業主婦なんて考えらない時代、よその子
どもたちに子守をお願いする。私などは幼稚園から子守役で妹おぶった。
 背中のお尻に温かいものが流れ泣いていた。「大きな鷲が子どもをさらう。人買いがさら
う」と脅されていた。
 大正期までは15で嫁に行ったのであろう。沖縄では女の子の「13ユウエー(祝い)」
は盛大であった。
 雷には桑の下に隠れろとも言われた。畑と畑の間の境界線は桑の樹であった。養蚕は戦
前まで沖縄でも重要な産業であった。
 赤とんぼと桑の実は季節が違う。
 桑の実とシルロード。化学繊維の時代、桑の木とシルクロード結びつけるには無理があ
るか。サンシンの材料としてもクワーギ(桑)は貴重だと聞く。また、三木露風の弟子、大宜見村村政改革同盟オルガナイザー上里春生(1月28日ブログ)を考えていた。


 北原白秋
  「ゆりかごの歌」
 散歩をしていると、まだ、青いビワの実に出会った。

038_20100215180646.jpg
   ゆりかごの歌を カナリヤ歌うよ 
   ねんねこ ねんねこ ねんねこよ

   ゆりかごの上に ビワの実が揺れるよ
   ねんねこ ねんねこ ねんねこよ
 子守をしながらよく歌った。
 ビワの木は柔らかくて折れやすい。よほど、大きなビワの木であったろう。
 白秋は大人になってもバーヤに生活の面倒を見てもらっていた。啄木日記明治42年4
月7日日記に「北原のおばさんが来た。そして彼の新詩集『邪宗門』を1冊貰った」と記
されている。白秋の童貞を廓に捧げさせたのも啄木である。「お坊チャン」白秋。啄木も
「お坊ちゃん」だが、二人の詩は異なる。啄木の日記は、この頃、ローマ字で性の描写は
少なくない。啄木の心は「鉄の心」であった。その犠牲者は沖縄の「明星」歌人山城正忠であった。(明
治42年4月4日日記)


 散歩で
 出会った花たち

IMG_0001_20100215212031.jpg
IMG_0002_20100215212049.jpg
IMG_0003_20100215212105.jpg

(続きー「平和新聞」(コラム「宝の海通信10)
平和新聞「コラム」
 「宝の海通信」(第10回、2月5日) 
  勝った。勝った。苦節13年
苦節13年、1月24日、名護市長選挙「勝った。勝った」と湧き出る涙。熾烈で激烈な闘い、開票間もなく具志堅徹さんから電話「やった-」。市民投票で勝ち、軍民共用空港計画に勝ち。V字型計画をずたずたにするも、市長選・知事選にことごとく負け、4度目でついに掴んだ劇的勝利。ブログ「宝の海」に打ち込んだ。
 「私の体は13年でボロボロ。 すさまじい闘い。 体はポロポロだが 涙が 涙が ボロボロの体をながれる。 ありがとう。 ありがとう。 全国の友よ」と書いていると、勝利集会場から友人が誘いに来る。でも、13年苦楽を共にした名護民主商工会館に向かう。名護市民の「駆け込み寺」の仲間と激闘の涙を共有するのが、私にふさわしい。この場所こそ、乾杯の場所だ。

DSC01735.jpg

 翌25日未明、故金城祐治(命を守る会代表)さんの仏前に報告「まだ、会えません」と線香の煙と煙草をともに吸った。金城さんは逝く直前まで「大西君煙草くれ」と話しかけてきた。私の中に生きるかけがえのない師である。ニライカナイの海から真っ赤なアサティーダ(朝の慈悲の太陽―神)がテント村に輝いてきた。
 テント村開設6年、阿波根昌鴻オジー「愚直と非暴力」「5本の指」を柱に、カメ(瀬長亀次郎)さんの「不屈」を貫いてきた沖縄の心が、今、新たな闘いの道を示す。
DSC01748.jpg

 まだ、完全な勝利ではない。勝利を手にする礎である。日米同盟の成熟と深化を唱える日米政府は辺野古に固執している。成熟は腐れの始まり、日米同盟の深化は、逆に日米安保「揺らぎの深化」、日米安保ノーに深化させる記念する2010年でもあるのだ。
 
(あなたも「平和新聞」読みませんか。個人加盟平和委員会の会員に入りませんか)
IMG_20100214204751.jpg
平和委員会とともに
 44年の人生
教師になった1966年、平和委員会に入った。
 沖縄返還闘争と平和教育の実践のためであった。1997年までは役員となることはなかった。もっぱら、教育の現場で歴史教育、平和教育、沖縄の文化を教室で授業創造であった。平和ガイドの実践と育成などに力を入れていた。
 市民投票後、市民運動の重要性を認識し名護平和員会の活動に入り、今日に至る。この44年の道こそわが人生の生きる道と全国の会員とともに歩んでいる。日本全国に足を運び、粟国以外の沖縄の島々を回り、47都道府県二順目を目指している。



スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。