スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「死ぬ気でかかってこい」-政府の言うことかー「第2の沖縄戦」仕組むか

高江から緊急発進
小さな村の大きな闘いとは!
 全県・全国の目と支援を求める。

 高江の現場に見える
  殺してでも基地建設?
 防衛省の現場に現れていること。前回より戦術練られていると書き、昨日のブログに「死者に弔意を示さないーセンリツ」を書いた。
 朝7時に出た。8時時に高江N1についた。11時30分名護署公安到着、防衛省来ない。公安「防衛省約束守らない」とぼやく。
 キャンピングカーで仮眠する。
 テントの中ではブリの大根お汁が煮え、昼食。


066_20100222185718.jpg
 「死ぬ気で反対してこない限り」
  「地元の意向は反映されない」(朝日2月21日)
 名護市長選挙の結果に対して、平野官房長官は「斟酌しない」「地政学的」と言った。ニュースを見たカミサンが「父さん、命かけた闘いになる」と言った。(26日ブログ)、ナチス理論だと書いている。
 カミさんの洞察に敬服している。

 2月2日の高江住民説明会、住民を上回る防衛省職員を動員、真部朗沖縄防衛局長を誘導・護衛する姿は軍隊であり、真部に発言にも「殺してもやる」と言う意思が見えた。数十枚の写真を見ると「殺してでも」が鮮明に見える。
 現場の状況を「防衛省は戦術がうまくなった」と書いている。この日の朝日(21日)が、ちょうど、防衛省が現場に到着した時間(1:30)にメールで「死ぬ気でかかってこい」(政府高官、平野のベーター選択発言記事関連)流れてきた。
 作業車の後(作業現場側)に座り込み、メール情報を確認する。さて、この発言は「沖縄県民の命を奪ってでも辺野古基地建設、高江ヘリパット建設する」意思と現場の状況でも見える。

残念ながら、この6年、このブログ予測、外れたことがない。ベトナム戦争米軍戦略<民族同士闘わせろ>、今日、防衛省人数減らし、業者多し。昨年の現場責任担当見えず。業者をにらみつけ、命令通りせよ、これに、山城君、方言で業者を叱り、諭している。この構図が面白い。


068.jpg
 「死ぬ気」
   素敵な笑顔で高校退職3人トリオと山城君


079.jpg

 防衛省は
  「第二の沖縄戦」仕掛けてアメリカに捧げる
 平和センターの山城君が怒った。メール情報が確認取れた。防衛省の写真撮影は単なる
裁判にかける意図だけではない。
 平野発言を補足した高官の発言は「殺してでもやる、覚悟して命を差し出せ」と言っているに等しい。政府役人が平然と言う言葉か。
民主連立政権をナチスと同じと書いたが、高江の現場に現れている。辺野古の嘉陽オジーが「ひと柱になっても」の意味と違う。
 まさに、政府はヤクザより悪い。
 防衛省現場担当官に「00さん、命奪っても強行せよと指示受けているのか。沖縄県民はイチムシ(虫)だから、殺してもいいという方針か。私のような老人は貴方がたに、殺されてもいい。私はあなた方を傷もつけない、触りもしない。」激しく詰め寄った。
 トンブロックの基礎を打って引き揚げた。(3時)、N4にフエンスを下ろし、抗議が続いた。


087.jpg

094_20100222185833.jpg

 住民虐殺
  高江は疎開地
「死ぬ気で」の情報に接した時、頭を横切ったのは、沖縄戦、高江は那覇泊の疎開地であった。川のエビもカニも、山のヘゴの新芽も食べ尽くし、ネズミもミミズもいない。餓死で死ぬなら生まれた家で死のうと南下をする。米軍の捕虜になった。渡野喜屋に降ろされた。米軍は食糧を与えた。皇軍敗残兵は山から見ていた。1945年5月12日夜3時、皇軍敗残兵は手りゅう弾を投げて住民約40人を殺し、イモクズまで全て消えていた。
 (大西照雄『仲村梁仁王虐殺の碑を訪ねて』もしくは『空白の沖縄戦』(森繁多)、殺した「共同正犯」の森繁多は東京上野高校校長歴任、実行犯東郷少尉は鹿児島で高校体育教師で終わる。
 
 この高江で「死ぬ気で」の挑発と現場の現実を目にする。
これは、日米共同作戦である。米軍はどう動いたか。
 (続きー米軍ヘリはどのように動いたか)
少し大きい文字 
米海兵隊と  防衛省は一体
 NATO5カ国がアメリカに核兵器(約80発)の撤去を求めた。ドイツ国民の運動はNATO全てに拡大する兆し。「核抑止力」が崩壊し始めている中で、連立政権とマスメディアは海兵隊抑止力論を浮上させて、連日、抑止力にしがみついている。滑稽でもある。
 22日10時30分、N4に2機のCH46ヘリまず来た。約1時間N4・N1上空を3回旋回した。11:30に名護公安到着、1:30分防衛省到着、この間、さまざまな情報、日米共同行動、防衛省の作業が狙っている問題が入って来る。


013_20100222211503.jpg
 ホバリグの訓練を
  繰り返す
026_20100222211516.jpg
 日ごろの訓練は渓谷、1機は上空後方から指揮、谷間を飛び、実践的訓練、明らかに殴り込み部隊である。MV22は河川や沿岸域をゴムボートと連携する。
 谷底に機影見える。福地ダムの水上を低空で飛んで、他の1機が上空からコントロール。1機しか見えない。


044_20100222211533.jpg
谷間切れる地点で森すれすれに上がって来る。050_20100222211548.jpg
 N1上空を3回回り
055.jpg
 
ヘリ去って、公安、防衛省、見事にやってくる。
 辺野古6年も同じであった。高江も同じ。米軍従属に未来はない。米軍のために「沖縄の命」奪うまで、到達した。 家のカミさんの予測も捨てたものではない。冷静に怒れた。
 平野・北沢などの挑発、子どもじみている。民主連列政権、下地の企業のために動いて、死を求め、自滅に向かっている。社民党も沖縄に「死ぬ覚悟」求めているのか。
 海兵隊・公安・防衛省の連携目の前で見ていると「死ぬ気」の闘い何ぞ、アホラシイー。民主連立政権が「死」をかけて沖縄戦やろうとしている。沖縄「生きる」ことだ。
 沖縄県民一人ひとりの命は連立政権と心中するほど「軽い命」ではないこと。「命がけ」は空手の極意にもない。空手は相手の「殺す力」いなす、竹のようにしなやかだ。沖縄の心は声ではない。
 真部朗も他の官僚同様、沖縄の文化に凝っているかも知れない。沖縄通になろうとする官僚、裁判官少なくないのだ。「牙」をむき出す姿、沖縄はたくさん見てきている。
 最も悪い判決出した裁判官が、沖縄文化好きと再度赴任したようだ。新聞の片隅に乗っていた。
 沖縄の心「怒れのとき、最も冷静」であるのだ。褒めているとき心は怒っているのだ。沖縄グチの面白いところ。怒っているからこそ、ブリの大根も鍋にしながら。防衛省のみなさんが来るの待っているのだ。
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。