スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲井真知事を「無音」で「歓迎」しようー箱物は誰のもの?

仲井真知事の役割
 大会の足を引っ張る
  拍手なしの沈黙で知事に対応しよう。
 沖縄はウリズンの季節、シミー、区の運動会、アブシバレーなどが営まれる。大会を開くにはいい時期とは言えない。みんな悩みながら、さまざまな努力をしながら大会の成功を目指している。
 その中で、仲井真知事が参加するか。しないか。「迷ったふり」をしている。仲井真は、彼の足跡見ると「自己決定権」に乏しい、呼ばれて副知事になり、天下りで沖縄電力の会長になり、経済人を標榜しているが、起業家の実績はない。
025_20100421221602.jpg
(今日も米軍ヘリ住宅地上空、政府は否定するが・・」

 島袋名護市長・東宜野座村長の
  「確認書」を流れに任せて
 仲井知事と政府との間に「V字(現行計画)」の文書は存在しないと思う。流れに沿って「沖に移動」をいい、現行計画に推進して来た。彼は大会が大きくなるのを恐れている。これまでの知事は基地問題の異常事態に深刻な顔をしたが、テレビ・新聞などで仲井真知事見ていると、「よそ事」の顔に見える。稲嶺知事は潔く身を引いた。
 彼は大会に参加する。マスコミ効果の政治的機会を見て「自己決定する」。常識的に見て、大会日程決まるなかで、飛び込み挨拶?常識違反となる。
 知事が島袋元名護市長、新風21、公明党名護にまだ追従をするはずはない。
すでに、新聞意見に、参加させるなと、意見が出始めた。当日の参加なら絶対に拍手をしないことだ。おそらく、「よそ事」発言になるであろう。
 (ヤンバル統一連、県民大会呼びかけ、右具志堅徹、中央比嘉 靖、左仲本興真、名護市役所前、リレー呼びかけ、21日)

036_20100421221622.jpg
(ヤンバル統一連 県民大会呼びかけ、城区、東江区、21日)
040_20100421221636.jpg
 
 (続きー隔世の歴史(2)ー「道の駅」の姿」

普天間基地の基本問題そもそも普天間基地は
 宜野湾村民を収容所に押し込んで奪ったもの
   二見情話が語る歴史
 ネットで検索、歌も出ます。
006_20100421222446.jpg

009_20100421222505.jpg

 隔世の歴史メモ(2)
 1999年12月、稲嶺知事・岸本市長及び名護市議会は軍民共用空港を受け入れた。「アメとムチ」は、沖縄サミット、北部振興策、金融特区など絡めて反対派を分断した。
 「三工法(埋め立て、杭式、浮式)8案(設置場所)」を出し、地元が選択する仕組みで、学校が終わる街中、辺野古3区で連日マイクを握った。辺野古行政委員会は地図の上に模型を作り「こんな近く、巨大だ」とB2案(マナル岩中心)を選んだ(?)。
 これは、護岸幅が約80mで、おそらく、世界どこにもないであろう(?)。無謀な護岸構造検討ボーリング調査は、05年9月、頓挫する。
 この振興策「バラ色騒動」は、学校も例外でなかった。私の家から700m内に3高校がある。北部では過疎化で学校統合問題が生じ、工業高校と商業の合併・統合を沖縄県教育庁は表明していた。私は商業高校に勤務、ヘリ基地反対協の責任の一端を担っていた。
 
 商業高校の校長は市議会に働きかけ存続決議をさせた。同時に、「国際金融学科」の設置を新聞論壇で提起、税理士・弁護士をめざし全て英語授業を行うという、県とも調整のない乱暴なものであった。調査研究も公費ではなく、出所が正体不明で、新聞で反論した。
 外でも、内でも「バラ色騒動」、校長は意見を挟むものに処分を連発した。
 妥協の産物で「金融科」になって、沖縄初と新聞に書かれたが、1972まで那覇商業高校に金融科はあった。
 今、名護商業高校は北部工業に統合され、金融科もどうなったか。不毛の教育論に巻き込まれたが、この騒動で、教師の中でいかなる学校描くか、理念なき統合になったと退職後に知る。
 私は、両校の教師が「新しい学校像」を描く提案をしていた。
 当時、私の教育活動の目玉は、沖縄愛楽園学習、校長は介入して来た。広がったハンセン病学習しぼんだ。らい予防法裁判が歴史的勝利した年の騒動。(陶芸誌「ヤチムン9号」(09年)に詳細書いています。
 金融特区はどれだけ、若者たちの雇用になっているか。大浦に建つ「道の駅」は人もなく、ただ建つ。騒動の現在版。
 この建物誰のもの?島袋前市長?、二見10区区長会?、稲嶺進市長?それとも私が買う?値段はいくら?

005_20100421222518.jpg
( 基地リンク振興策最後の建物か
  誰が管理する?
 北部振興策は「バラ色」騒動であった。名護市長選挙中に完成した大浦河の南に建てられた「道の駅」(?)、運営費2000万と聞く、管理責任団体も不明、入る人もなく静かに建っているだけ。)

スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。