スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国益」論ー鳩山政権、マスメディアの誘導に警戒を

 母の日に
  ヤンバルの森に抱かれて


土曜日はヒージーヤーサミット
   私もタジタジ
 土曜日は青空がのぞいた。散歩に出て、足はヒージャーヤー(山羊小屋)に向いた。元日米外交官、外交官が紙面に少なくない。鈴木宗雄の外交官佐藤優「沖縄の未来に向けて(1)」で「自ら(沖縄か?大西が)の運命、自ら(沖縄?)選ぶ時」と書く、かもしれないが沖縄の意思は確立した。沖縄が「自ら選ぶ時」ではなく、全国が安保はと考える段階が、現在の歴史の到着点で、元外交官は、沖縄に閉じ込める。とても、頭がいい。外務官僚は歴史的、沖縄問題にし、日米の軍事外交を沖縄に閉じ込めてきた。
沖縄の現実は「運命」ではない。運命論は地政学の各論である。
 シセーファー元駐日大使も「日米の国益」を唱えだした。日本の国益のために沖縄は犠牲になるべき「運命」論である。キャンベルはおそらく「強権」で実行せよと迫るであろう。

Mrサンデー見た。かなり、勉強になった、慶応の準教授悪かった。やはり、「国益」論であった。日本の「国益」のために、なんで、沖縄が犠牲にならなければいけないか。地理的運命論も強調されていた。マスメディアは「抑止力」と「国益」論で、攻勢をかけ、沖縄運命論を宣伝してくる。
 偏狭的ナショナリズムと一体的に、そして、日本全国、日米合同訓練国。
国益を唱えるなら自分の街に、普天間誘致せよ。昭和天皇が沖縄をアメリカに獲れと言った。皇居に持って行け、国益なら、東京に持っていけ。そこに、国益論の巣が集中している。

 海兵隊は日本の政治家、日本国民に対する「抑止力」効果を持つ、EUなどに海兵隊いますか。EUでは核兵器も抑止力ではない時代迎えている。日本と日本人の異常な姿が見える。今、日本が、乞食軍隊海兵隊に、せめて、異議を唱え、恫喝する時、海兵隊に円搾り取られて、日本は沈没する。

産経・読売などが、鳩山を「頼もしい」など表現の違いはあるが、「褒め」出し始めた。面白い現象だ。

 ヒジヤーヤーは土曜日になると町内会の一国一城の首脳が集まる。ヒジャーヤーサミットである。子ども手当、保育園問題、年金、老人問題、私より過激な民主党批判論争になる。私などおとなしい。
 普天間問題、鳩山来沖「卵数千個食べさせろ」、いや、まったく、凄いのだ。私の非暴力をはるかにしのぐ。小沢が
沖縄の参議院への介入には怒り爆発。
011_20100508225929.jpg

  ヤンバルの中の
    ヤンバルの森
 ウチのカミサン、母の日、チャリティーで琉舞踊公演出演で張り切っている。旦那はヤンバルに母を見舞う。名護もヤンバルだが、その北を名護ではヤンバルという。
 母は93歳、ヤンバルの森の家で療養している。日曜日は訪問の日、最近、辺野古問題で疎遠になっている。
 森はイジュの花がシトシト降る雨に白一色、クチナシの花が咲き、月桃、里や磯に百合の花が手招きする。

017_20100509135940.jpg

006_20100508230017.jpg
 月桃の花が里山、里に乱れ咲く。月桃の代表的種類です。
008_20100508230034.jpg
 やんばるにみられる月桃
小さめで葉も柔らかい。虫やカタツムリが群れていました。違いわかりますか。梅雨の季節。
020_20100509140846.jpg

021_20100509140858.jpg

ヤンバルの森の中の月桃
  香りがとてもいいです。幼い時、ムーチー(旧暦12月8日)、母は森の月桃の葉で作ってくれた。森の中をこの月桃の狩りをしたものだ。

014_20100509141801.jpg
 イジュと月桃
  沖縄戦の終わるまで咲いていた。
 海勢頭豊「月桃の花」を以前に紹介しました。ネットでは歌も聴けます。

  6月23日、沖縄戦終了という。この頃、旧暦5月4日、「ハーリー鐘とともに梅雨は明ける」。イジュの花が海に流れてしまって、夏の魚がイノーや沿岸に群れて来る。
 イジュの花について、何時か触れる。
 母と私がヤンバルの密林から出てきたのが7月27日ごろ、沖縄戦が終わったこと知らなかったようだ。村は中南部の避難民の収容所であった。収容所の米軍の責任者は「泣く子も黙るラブレス中尉」であった。母の宝を奪った。

野牡丹が咲きだした。梅雨が終わると、母の住む森は野牡丹に囲まれる。
012_20100509135951.jpg
( 明日はラブレス中尉と母の宝、そして、庭の梅雨。)
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。