スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入道雲の夏ー「ハト・カン内閣」の大嘘との闘い



熱い闘い始まる
 入道雲の夏(参議員・高江・日米協議)


 カン民主党政権の対米追従深化(18日に動き)
1、 キャンベル国務次官補
「日米同盟が、この先50年も維持されるようにしたい。菅政権と強調」と、日米首脳会談27日。
2、 仙谷官房長官
 「日米同盟深化発展させる」は、沖縄の民意関係ない。
3、 長島防衛政務官(ワシントン)
 「自衛隊は海外での活動から撤退すべきではない」
4、 ルース・仲井真会談
 「沖縄は・・日米同盟の強さと言うものに大きな貢献をしてきた」
さすが、ルース、新聞報道によれば、経済的状況など語り、仲井真知事から普天間問題出させ「強さ」で、威嚇、経済情勢は米軍基地維持に日本政府への「ねだり」のメッセージであろう。
5、 感想・予測
自公政権以上に、カン内閣は対米追従深める。日米首脳会談(27日)でオバマは財政的要求をも強めて来るであろう。ルースの「強い」に、長島は自衛隊の米軍との行動で応える。
カンは「海兵隊撤退論」「抑止論」否定論者であった。まさに、ハト・カンと「大嘘」継続と米軍基地維持で大増税。
沖縄は、日米政府の思惑超えて進む。



010_20100619190355.jpg 沖縄はあわてない
    やるべき課題を着実に
      私はアジサシ観察の日
 19日、8:00、汀間漁港出る。漁港に1羽、大浦湾ブイに1羽も見えない。長島・平島・平島沖岩にもいない。南西の風、強い、キャンプシュワブ戦車道近くで5羽、6羽が餌獲り、豊原海岸で16羽、餌獲り。

eight="267" />


013_20100619190413.jpg
 ウムケー島(御迎)の争奪戦
  クロサギとアジサシ
 昨年の記録見ると、ウムケー島のアジサシ、6月23日4羽、7月5日2羽、繁殖はなかった。今日、約30羽休んでいる。
 突然、空からクロサギが急直下襲って来た。アジサシは追われた。勝ち誇るクロサギ、島の頂上。
 今日はベニアジサシ見えない。単独含め61羽、ベニはどこに行っただろうか。


041_20100619190436.jpg

037_20100619190450.jpg

クロサギの攻撃
036_20100619190506.jpg
 逃げるアジサシ
019_20100619190522.jpg
 (クロサギの仲間、島の頂上で悠然と)

 違法アセス
   「現行案」で国民を欺いた。
 マンタ調査、小さいボートのサイドにシュノーケリング2人、「現行案」から続いている違法調査、予算は(?)

033_20100619190542.jpg
  (ウムケー島)
 海から上がると村長
  入道雲の空
 午前中、知念中学6期生20人学習訪問、港では少年・少女が港に飛び込み始めた。
 午後に、経済同友会のメンバーも来る。
  私の21世紀論に基づいてカン内閣の「嘘と対米追従」についてなど講義。
  1日、1日、自分の分野で予定の行動をやり遂げること。


004_20100619190602.jpg
  (入道雲に誘われて)
008_20100619190614.jpg
  (テント村講義約60人、平和の文化・生物多様性の結合)
 (続きー心のこもった寄せ書き)
 心のこもった楽しい寄せ書きから(3)
029_20100618115759.jpg

031_20100618115821.jpg

032_20100618115840.jpg

033_20100618115902.jpg

038_20100618115931.jpg
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。