スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議員懇沖縄視察の結末ー飛ぶ鳥あとを濁す?

  
  異常気候の庭
  船の操縦できる体力目指して
 26日、早朝座り込み、午後から辺野古、27日テント村村長、着くと同時にカミさん体調不良の電話、措置指示して、1時間授業する。28日は「ヤーグマイ」と散歩、明日は山登りが待っている。
 庭のウリ類、不作だ。どこも同じだとの情報、カメラから写真取り込めず。

辺野古のイノー#3[1]
(白化現象から回復した大西サンゴ)

  続きー議員懇の結末
 後味が悪い
  議員懇談会沖縄視察
 参議院沖縄選挙区、小沢戦略、それは沖縄の団結を阻止する。沖縄県民が作り上げ、前進する力だ。
 政界・中央メデイアで沖縄を切り捨てた中で沖縄議員懇が沖縄視察に来る。
 私のカメラに映る議員懇談会の映像に曇りはない。テント村も笑顔で迎えた。(26日ブログ)
 その日のテレビに流れるのは小沢待望論、小沢で「普天間・辺野古」決着論、ヤーグマイで情報不足であった。
 今日の沖縄タイムス社説に表れている。(下記URL参照)

 ですが、小沢のつぶやきはあるが、明確な政策はない。明確な政策も覆すのが民主党政権の歴史的に優れた業績。
 どうも、小沢選挙戦術の先兵、前哨戦であった感否めない。川内の嘉数発言、福島のテント村記者会見、小沢ガールの面々、過去の小沢の発言持ち出し、煽る県内メデイア、地方票の獲得、沖縄重大票と位置付け、沖縄入りと立候補表明を重ねた。うがった、目であろうか。

来訪者と記者で
 賑わっていた。
027_20100828085347.jpg
 脚光を浴びる福島女史
029_20100828085403.jpg
 熱心に聴く小沢ガール?
058_20100828085415.jpg
 ( 8月28日 12時更新)

 日本の政治家がアメリカを「恫喝」できる力
  安保を解消し日米平和友好条約の勢力前進以外ない
 世論調査では、「安保を変えろ」が沖縄では69%、今、安保評価違いあっても、社民・共産・社大が推す伊波洋一県知事予定候補を勝利させる団結を、確固たる意思を堅持、沖縄一斉地方選挙に勝利すること、「民主党選挙劇場」に巻き込まれて、沖縄の歴的財産を見失ってはならない。

 再編成計画の歴史見ると、日本はアメリカの「恫喝」に屈した。日本の到達は政治家が次のことは堂々と言える時代を迎えている。
  海兵隊は地位協定1条の軍隊ではない、撤退せよ
  思いやり予算削減する
これぐらいのことは日本の政治家として言えないようでは・・・・・・・。今、日本の政治家がアメリカ「恫喝」することできないようでは、外交的国益失う。
 
 日本は技術大国という。ブラジルのルラ大統領は韓国訪問。リチユームなどの開発、韓国と結んだといわれる。すでに、日本の外交のでたらめさは、経済でも始まっている。と、見るべきであろう。
 物事を秘密主義、嘘つく外交、そして、自立しえず、外国で問題になると、問題になるメデイア世界の日本。
 あるいは、アメリカも、米中経済同盟言い出すかも。
 
飛ぶ鳥
  後を濁す
 政治家と私、同じ出張でも違うかもしれませんが、私は空港でお土産は買う。街で買い物する時間だってない。最終便で沖縄かえって、夜の海にいくどもある。
 今、日本の争点(川内議員)の視察に来て、ハト・カン以下だ。
 沖縄の負担増の嘉手納基地見ないで、お土産にうつつを抜かして、記事になるとはミーハー議員だ。
沖縄に「民主党劇場」の幕開け?、先陣?、ネット見ると民主党議員の「地方遊説」始まったようだ。
 今月、末の日米協議報告もかき消すであろうメデイアは・・・・・。民主党代表選挙で普天間・辺野古争点になるはずがない。
 沖縄を利用するに過ぎない。
嘉手納基地見ず…食事や土産探し 沖縄基地問題議員懇
沖縄タイムス社説
[民主党代表選]「普天間」を争点にせよ

仕組んだのは川内博史議員だー前科がある?
http://news.biglobe.ne.jp/politics/751/ym_100828_7513586564.html
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。