スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝利のテント村ー反対協代表委員として



信じあう心と
 憎しみの戦術
 今年の「宝の海」を流れる心は<信じあう>、正月の暁の太陽、市長選挙は市民が信頼し合った勝利であった。そして、市長を誕生させた市民は市長支える議員団を誕生させた。
 議長も副議長も市長支える協力議員団を生み出す信頼の輪の広がり。私の街頭演説は甲子園の球児たちの心(8月28日ブログ)を、今、大人の私たちが実践して示すとき、で、あった。「名護市の未来は市民が創る」
 このカン、カン内閣はオスプレイ、飛行経路、名護市の基地誘致派への醜い支援を「隠密」行動など行っていた。
 名護市民は「基地いらない」強固な姿勢を築いた。名護市の「上皇比嘉鉄也」と前市長島袋義和が、前面に出て終盤動き回る情報がもたらされた。まだ、懲りないのかと思った。彼らの選挙前の街の噂は、ターゲットは岸本洋平など、政治とは無縁の密使・隠密まで暗躍させる「憎しみ」、島袋派の議員を、ある会社のトップにつけ降ろし、副市長を立候補させ、票の動かしをして、14議席確保の万全の態勢と言われたが、有力な移設派の議員失い、上皇の権威失墜、比嘉鉄也が姑息なことしたしたために、与党の大きな勝利生んだとの説もある。当選下位の団子状態、「上皇」が動かねば、久志地域2議席確保に動いたなどの、巷の声あり。前自民党衆議員議員の長男も落選。
 銀座で前原大臣におだてられて、市民ないがしろにし、市民に見捨てられた。
 
ターゲットにされた候補は全員が上位当選、稲嶺市政を支持する候補は、お互いに励まし合った。
 中央であれ、地方であれ、政治家が権力をめざし、国民・市民を愚弄すると、結末は悲惨である。
 民主党政権、官僚は、まだ、「名護の天皇」に寄りすがるのか。歴史の遺物にしがみつくのはやめたらどうであろうか。
公明党、辺野古移設、まだ、つき進むのか。
民主党沖縄県連も名護市民が示した心を大切にして、伊波洋一知事誕生に手を取るべきであろう。
勝利の日のテント村
DSC00618.jpg
 嘉陽おじーの乾杯
 安次富代表報告
 東恩納琢磨、仲村善行、具志堅徹、(川野純治)
DSC00632_20100913213800.jpg
 マンチャン(サンシン)、山城船長(胡弓)
DSC00652.jpg
 踊りだす具志堅さん
DSC00651.jpg
 
 沖縄県知事選挙に向かって
  テント村から
 
11月向けて動き出します。
 テント村訪問増えます。反対協役員への全国からの情勢報告依頼も増えます。テント村はスタッフそろえていますが、団体訪問にはヘリ基地反対協の役員が責任もって対応してきました。県内外への出張も増えてくると思います。

 テント村の開村
  午前8:00から午後16:00です

 訪問団体のみなさん
 前もってご連絡くだされば幸いです。
   FAX 0980・55・3131
 なお、大西への電話連絡、午後1:00から3:00は控えてください。
 時間、訪問人数
 海上見学の有無(船長、船の配置は準備が必要です)

  (14日、午前更新)
 
民主党総裁選挙劇場に踊り、踊らされたメデイア・国民
  政策的大連立との闘いだ。


琉球新報社説
名護市与党圧勝/民意の山が動いた 辺野古移設撤回を決断せよ
毎日新聞ーオスプレイ配備報道
普天間:移設で「オスプレイ配備前提」を官房長官が明言


 続きーCOP10情報
生物多様性I名古屋イベント情報
 中部地方のみなさん
 寄ってください
 支えてください
 
写真展「小さな島々沖縄の大きな宝・生物 多様性」
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。