スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然・文化にひたれない沖縄ー不起訴の尖閣列島

満月の夜に燃える日ー奥間大綱引き(3)
 ヤンバルの森の自然を飲み込む
 ハンザを入れる
 ハンザとはやんばるの森の蔓である。綱だけではなくハンザで強度と重量を創る。ヤンバル奥間の綱の特性である。昔は15の綱、今は7本になっても重い、雨でも降ると大地にへばりついて30分以上の戦いになる。全員が腰を落とすと引けない。腰が据わる戦いになる。
DSC00845 (0)
 ハンザの結び
  結び目はユニクで叩いて結び、筒で叩いて縛りつないでゆく、結びに手抜きすると・・・。
DSC00856.jpg
 昼食の担当は
  南北に分かれ、大なべで牡丹鍋(イノシシ2頭)、400人以上の牡丹鍋、ヤンバルの恵みだ。8月31日ブログ(ウンジャミの祈り参照)。ヤンバルの農業史はイノシシとの戦い。
 ユイムン(狩りや漁)は共同体みんなに分かち合う。
DSC00810.jpg
 ユイムンは「クワチーサビタン」(御馳走様)ではありません。タラジーサビタン(足りませんでした)、なぜでしょうか。
 牡丹そばです。ソーキそばではありません。
この日のためにイノシシ狩り隊、頑張った。辺野古でも節目に牡丹鍋、この方々です。
DSC00869.jpg
 腹いっぱい食べて
  午後も頑張る
DSC00872.jpg
 牡丹鍋のクンチ(栄養)
 ついに、大綱完成
DSC00908 (0)

 今日の沖縄の動き
   11時更新

日本語負担軽減は負担増
沖縄タイムス社説
[尖閣・漁船衝突]過剰反応を慎み冷静に

普天間に相次ぎ外来機 10機のFA18飛来
琉球新報社説
思いやり予算 対等なら負担の構図見直せ


沖縄は書くこと、ウジャウジャ湧き出る

 中国漁船船長不起訴 
9月21日ブログ日記のように展開。みじめな海上保安庁。
  ビデオ公開せよ
 尖閣列島領有を歴史的公開せよ、メデイアは責務忘れていませんか。国際社会での常識。冷静・理性とは歴史の事実で証明される。


1)チンピラと警官の「公務執行妨害」での事件ではない。領海侵犯である。
 2)だから、中国強気に出た。
 3)ついに、不起訴、政治的判断、日本外交の優れた成果?
 4)事件当初は15キロであった。昨日のNHK、漁船の背景に陸が鮮明に見える。なぜ、今、海上保安   庁11管区、この映像、メデイアに提供する。この可笑しさ国民は知るべきだ。
   衝突の瞬間(2巡視艇)を11管区は公開すべき。チビッて、巡視艇乗組員ビデオ回していない の ではないか。と、言う、私の指摘、案外、正解かもしれない。弱い者には1日中テレビ回し、強いものにはおびえる?
 5)日中両国とも、尖閣列島領有権歴史的に領有宣言、世界に公開すべきだ、メデイアのやるべき唯一の   仕事だ。琉球はカツオ工場1時、あったと聞く。
 6)領海侵犯を姑息に公務執行妨害、(ニュース)によれば公海内の衝突である。公海上で公務執行妨害は、世界の笑いもの、日本領内で対処すべきだ。日本のいい加減さに比べ中国は国家主権をかけて、本事件に対応している。
 主権は領土、領海、領空で発動される。映像によると尖閣列島鮮明に映っているから、領海内で「衝突事故」起こすべきである。
 第11管区、台湾事件以来連続の失態である。北朝鮮の領海侵犯との差が鮮明に、操縦法として問題がある。メデイアは不起訴に問題絞っているが、主権論なし。
 国際的には中国外交の勝利、日本、従属国家のみじめさだけ残る。民主党政権の対米従属の姿。主権喪失国の現実だ。台湾漁船事件よりみじめだ。こんな日本に誰がした。
  (25日1:00更新)

領海侵犯中国漁船問題、メデイア賑わう。
 11:30更新
 琉球新報社説
中国船長釈放 良好な関係へ双方知恵を日本に誰がした。
 沖縄タイムス社説
閣・船長釈放]危うさを露呈した外交
日本誰がした。


FA18、連日の爆音 普天間飛来

 続きーハンセン病と生徒作品
生徒の作品(6)
 教師最後の7年

 沖縄愛楽園
 偏見・差別・人権、沖縄戦、ヒューマニズム

現職教材資料、車庫に降ろして、整理できぬまま、辺野古の闘いへ。教師最後の学校の課題はハンセン病。生徒の作品雨、アブラ虫に食いちぎられていました。
 2000年3月『啄木と沖縄』を上梓した。
 
私がハンセン病学習を野外学習の柱にしたのは1998年、沖縄でまだ、裁判起こらず。宮古愛静園の訴訟支援に名前連ねていた。教師なったばかりのころの友人たちが支援会を組織していた。

「時に、県内のマスコミでは、らい予防法で隔離された元ハンセン病患者たちの国家賠償訴訟ニュースが多くなってきました。ハンセン病患者たちの沖縄戦について学ぶとき、私や子供たちは、ハンセン病者たちが平和の礎に刻銘されていない事実など学びます。また、「悲しみの浜」「嘆きの浜」と称される屋我地の白い浜には人間の心の叫びが沁み透り、屋我地の島に鳴り響く「希望と自信の鐘」には現代のヒューマニストたちの心が込められていると思います。・・愛楽園のスコア・ブランド公園などに埋もれている人間愛は、ローカルな教材によってグローバルな人間愛を子どもの世界へ広がる価値を秘めています。  
 (『啄木と沖縄』1刷ー「あとがき」)
 
「特に、感激することは<あとがき>の元ハンセン病患者に多くの方々が立ち上がり全国的な支援が広がっていることです。人間の痛みに共感する判決が出され、差別と偏見を克服してきた20世紀後半の人類の努力が、21世紀の沖縄の初夏に実を結ぶことを願ってやみません。」
   『啄木と沖縄』2刷<あとがき>2001年1月17日
    「らい予防法国家予防法訴訟報告集会 私のクラスプロゼクターで学習報告


無題H

J.jpg

G.jpg

 この学習でハンセン病学習広まったが、行政の介入で摘み取られる。約500枚の生徒の「愛楽園新聞」は愛楽園に寄贈したい。

スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。