スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散歩(1)-足を鍛えるー知事「県内移設」口約束へ?



10月14日(木)7:30
  シュワブ無言座り込み
  あなたも参加しませんか。知事選勝利まで

ヘリ基地反対協議会
  伊波洋一推薦決定
 これまでヘリ基地協議会は市民共闘会議の性格上、選挙母体の構成、あるいは支持、推薦など行ってきませんでした。加盟団体の主体的意志を尊重、11月知事選挙の重要性の要請の分析で、推薦決定しました。異例の決定です。
 
 10月28日(木)、投票1月前行動。

毎回、辺野古でガイドしている民医連三重県の組織から、伊波洋一推薦決定、行動提起のメールあり。
 
沖縄県平和委員会は個人組織、有志で全国に、沖縄知事選挙の共同提起(日本平和新聞9月25日)
 全国の情報お願いします。


沖縄で散歩することの大切さ
 家と海を車で
 
各都道府県に呼ばれるとき
 沖縄は車社会、どこでも車、辺野古の闘い、テント村、海に車で着き、歩かない。特に、東京行くとき、駅の階段、駅から目的地、歩く。新宿の駅などは、船酔いする。どんな荒波でも食欲が出るけど、東京は特にだめだ。長寿県沖縄、歩かないから、短命になるであろう。
 
 玄関出た。石垣に野生の実が付いた雑木。
DSC01788.jpg
 隣の家の鉄の扉に
DSC01794.jpg
 隣の塀の道路に
DSC01793_20101011170500.jpg

赤旗COP10
国連生物多様性条約第10回締約国会議
 赤旗「思いやり予算」
「思いやり」増額要求

(続きー花散歩)


沖縄知事選挙情報

以下11時内に更新(記事添付)
新聞
 知事「県内移設反対」検討(タイムス13)
  仲井真陣営は、勝つために「口約」で県内移設唱えるようだ。想定されたことだ。組織戦先行させている。
 今日の沖縄タイムス社説、第3極の候補と言われる下地幹夫氏の国会質問題材、なぜ、今、下地議員を社説で、グワム移転を取り出して、今、社説扱いか?
 
 知事「県内反対」検討 普天間代替 表明方法は未定

[普天間移設問題]再浮上したグアム移転

 下地は県内移設一貫してきた。民主党県連と一体化して、伊波落としで、民主党政権の野望(仲井真でいい)狙う。伊波陣営、組織戦遅れている。
県議が各地で市民団結させる任務に就くべきだ。県民を「チルダイ」させてはいけない。                                     
 再アセス『不要』(琉球新報13日)
 メデイアは、「案」「あん」を書き続ける。県内新聞は現行計画と書きだしてきた。政府は事後調査大規模で行っている。現行計画(V字)のバリエイションの範囲は「案」ではない。だから、どんなに重大な秘密隠されても、「再アセス不要」を貫く、KC130空中給油機戦闘能力装備も含めて、機能強化を容認できるのがバリエイション。


騒音米軍機配備 環境アセス拒否 菅内閣

[普天間移設問題]再浮上したグアム移転


 両隣3軒の道端と垣根の花たち

垣根に
DSC01795_20101011170522.jpg

 垣根の下に
DSC01811.jpg
 唐辛子が
DSC01801.jpg
 隣の庭覗くと
DSC01803.jpg
DSC01805.jpg
 ニラの花が咲いていました。
DSC01808.jpg
 垣根を這って、蔓の野菜が

DSC01809.jpg
 平気でちぎる雑草
DSC01816.jpg
 秋の空に
DSC01817.jpg
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。