スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総決起集会訴えーやんばる路、続きに沖縄2紙

イハ洋一勝利総決起集会

 今日になりました。
 アキカン内閣は、メデイアと一体になって、沖縄隠しに入りましたが、沖縄は「日本の政治の深部」、続けば続くほど日本の恥部が露わになる。

1、尖閣列島問題、ビデオ流失(内部告発)など沖縄隠しできません。
 防衛省と海上保安庁は辺野古でジュゴン1号、平和丸にビデオ1台、高江では大西一人にビデオ1台直立不動で撮影しています。
高江1ポイント防衛局約4台、公安2台ですから、主権にかかわることだから、ビデオ担当は10台と見ていい、ネットで流れた映像は複数の合成、危機管理という前に、公開しなかったことが問題であろう。

 ビデオ公開していれば、もっと、すっきりした内政、外交展開できた。対米追従の外交の歴史に終止符打つべきであろう。

 保安庁が辺野古で取った行動からするれば、甘い体制が航行体制で見える。
 私の「宝の海」日記(04年11月1日日記)に
「後ろを見ると保安庁の船がフルスピードで追ってくる。大浦湾の一番浅い地点で私の写真を撮り、前に出て仲間の写真を撮る。エンジンをあげて左旋回。右からの強風の波と保安庁の大型エンジンがつくる三角波の頂点に船が乗り沈没の危機。・・・・やはり、波を立てているので横波を受けないように船を修正する。」
 こんな、日記いくども記録されている。私のエンジン35馬力、保安庁のエンジン200馬力。
                                                 海人ならだれが悪いかビデオ見ればすぐわかる。「ハジウスーイ」(恥隠し)外交の限界、海上保安庁の役人だって、検察官だって、屈辱には耐えられないのだ。

 2、アキカン内閣、名護市長、名護議会の要請、「誠意をもって拒否」、民主党政権の民主主義否定が露わになった。
3、偏狭ナショナリズムの台頭許さず、憲法の民主主義、平和主義、国際主義の視点で見ること、政治不信を作り、沖縄知事選挙、基地誘致候補の有利に働かせようとするカン内閣の野望を断ち切ること。
 沖縄の歴史は「万国津梁」、沖縄をアメリカに売り渡し、今、尖閣列島問題で「軍事」を煽るのは、15年戦争の反省に経ちかえるべきだ。行き着く道は再び沖縄戦の悲劇生み出す。
無題F
  今、沖縄で売れに売れている
   ヘリ基地反対協のスッテカー(シール)
無題E

やんばる統一連カー
  やんばる路を駆け巡る
   沖縄の松島(羽地内海1)
辺野古にかけてきた、わが「第二の人生」、知事選挙は絶好の機会、やんばる路、駆け巡る。一つ一つ成功させることが、「勝」展望拓く。
 屋我地内海のキス釣り、腕が鳴るが・・・
DSC02711.jpg
 古宇利大橋を走る
 昔、教師のころ、船で家庭訪問。時代を感じた。
DSC02713.jpg
 橋ができて
  さまざまな店増えました
 広がる海、島々、屋我地と今帰仁、ワルミ大橋でつながる。古宇利の子は、名護市に入り今帰仁村に通学する。屋我地中学校なら自転車で通える。
 海洋博ー今帰仁城跡、古宇利、愛楽園の観光コースもいい。
DSC02718.jpg
 道の駅
   貝の人形見つけました
 思い出した。初期の辺野古の闘い財政的に支えたのは、辺野古のオバーたちの貝の人形であった。ハンセン病調査のついでに、屋我地の海岸から貝殻をいつも運んでいた。
DSC02722.jpg
 橋から
  沖縄の松島(屋我地外海2)
 統一連カーに乗って、やんばる路、走ってみませんか。今日のコースは2時間でした。(6日)
DSC02723.jpg

 続きー知事選挙・辺野古、沖縄の新聞掲載
  (尖閣列島問題は割愛)
アキカン内閣の「誠意」
  仲井真陣営に「期待」ー新しい地域の動き

沖縄タイムス
政務三役 対応せず 日米合意撤回 名護市の要請に

移設反対 政府が冷遇 普天間 名護市要請
 琉球新報
名護市長 要請切り上げ 枝野氏が“面会阻止” 「政府方針反対だから」
 アキカン内閣は仲井真に期待
防衛相、「県内」へ仲井真氏なら…「訓練移転で理解される」
 新しい動き
辺野古移設 三原区が反対決議 名護市二見以北で初
 知事選挙ー争点明確
安保、医療で違い鮮明 県知事選立候補予定者公開討論会
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。