スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日、沖縄知事選挙告示ー平和の文化3

沖縄知事選挙
 11月11日(木)7:30
   木曜シュワブ前無言座り込み(第34回
   告示の日、
   みなさん、集まりましょう
     ヘリ基地反対協議会  

全国共同の闘いへ
   明日告示

昨日は、定期的、大腸の定期検査、異常なし。17年前、ポリープいくつか発見、2年ごとに行っている。朝からトイレを活動の場とした。解放されたのは16時、
 おまけに、カミさん、熱出して、この2・3日、家事もすべて、やりくり。
 統一連事務所に行って、ビラ200枚配った。毎日、散歩をかねて配る。1歩1歩が勝利への力。
  日本全国の声、足、宣伝、人も沖縄に
  官房機密費、負けない財政的支援もお願いします。
私は、日本一素敵な名護から
 沖縄知事選挙情報発信します。「宝の海」で、市民、県民、闘いが見えることを心がけて、私は「現場」(辺野古)から見ています。

素敵な素敵な市長さん
  毎日交通安全のおじさん
 稲嶺さん市長になっても交通安全のおじさんです。
 知事に伊波さん当選させ「子供たちの健やかな」沖縄を

DSC02733.jpg
 若者たちも稲嶺さん大好きです
   青年のお手本です
 伊波さん、安里さん、稲嶺さん、手を結べば、沖縄が動き、日本が動く
DSC02735.jpg
 全国は「一つ」
  ポスター張り、街頭宣伝、ビラ配布、全国の仲間とともに
  
DSC02737.jpg




 宜野湾市長選挙も
   激戦
宜野湾市長選 立候補予定者討論
  沖縄知事選挙
   沖縄タイムス分析
伊波・仲井真氏が横一線 県知事選


 (続きー「平和の文化と辺野古」3)
平和の文化と辺野古
  苦節13年ー日本を問う(3)

 辺野古の完全非暴力
  『愚直』(日記「宝の海」)に見る
 21世紀を担う生徒たちに、社会科教師として重視してきた21世紀の人類の課題を次の前述の2点に絞ってきたが、辺野古の現実である。平和の文化について、学校授業でもテント村の授業でも、次のように記録している。

「平和の文化」を築く21世紀、1999年9月国連総会は「平和の文化宣言」と行動計画を採択した。暴力の世紀から非暴力の時代へ、戦争の世紀から平和的解決の時代へと文化概念に平和の文化を加えた。今年は「平和10原則」を確立したバンドン会議50周年の年に当たる。現代社会平和の文化の授業は、ガンジーの非暴力、平和五原則、アジアアフリカの台頭、沖縄の武器なき闘い、阿波根昌鴻の非暴力主義、瀬長亀次郎の不屈の抵抗、仲宗根政善の絶対平和主義などの生き方は「平和の文化宣言」に吸収され、21世紀の人類の目指す方向を示す。ブッシュの戦争は平和の文化確立の過度期で20世紀的遺物である。
だとすると、辺野古の闘いは完全非暴力出なければならず・・「平和の文化宣言」のシンボルマークと阿波根昌鴻非暴力の思想と対比してみてください、地球の片隅の実践的生き方が見事に吸収され、地球を包み初めている現実がある
  (05年2月6日ブログ「宝の海」
無題1

「日米同盟の変革と未来」
 いわゆる日米合意との闘い
 愚直なテント村、完全非暴力は力である。日米政府は普天間問題を米軍再編成に組み込み「日米同盟の変革と未来」(05年10月)、「ロード・マップ」(06年5月)を合意、辺野古V字2本滑走路計画を中心とした、いわゆる「日米合意」、キーワードの一つは2014年を完成とする。(注、日米合意、日米同盟論については割愛)
 防衛局は、またもや、07年アセス法違反の事前調査、方法書、環境調査、準備書と粛々とに違法アセス手続きを進めて来た。
 すでに、アセス法問題では「監視団」および環境団体・平和団体の理論・実践の蓄積はV字滑走路アセスでも大きな力を発揮するとともに、ジュゴンや生態系調査でも「大浦湾はジュゴンとサンゴの博物館」と、生物多様性の驚異的世界を内外に示していた。
 アメリカのジュゴン裁判は、方法書が隠蔽、秘密にした、いい加減な設計図を「悪魔の要塞基地」と暴き、防衛局のアセス内容、手続きなどは、多くの専門家、学者から「欠陥方法書」と批判され、沖縄県環境影響審査会もアセスのやり直しを知事に答申した。
 現在の手続き段階は、評価書(最終設計図)への段階で中断、再会されると知事の埋め立て許認可の段階を前にして、日米の政治的問題に発展していることは、今日の現実が証明する。
無題N
(ジュゴン裁判被告は誰?) 

アセスの闘いと
  民主党沖縄ビジョン「劇場」
 この間、私は06年カナダバンクーバー平和フォーラム、07年3月エクアドル反基地国際ネットワーク結成総会に参加、ラテンアメリカで広がる平和の文化、紛争の平和的解決、共同体的統合・友好を、政府および市民交流の中、体で学んでいた。09年4月フランスストラスブルグ反NATO国際行動に参加し、アセス準備書の広告縦覧を知る。
 アセス監視団、環境団体、平和団体は準備書(第2次設計図)への意見書提出運動を全国に呼びかける。広告縦覧と意見書提出は1月プラス2週間、約5000Pを読み、分析、学習、意見書の書き方の指導、それは、人間一人の限界を超えるものであった。私はブログ日記「宝の海」で、発信し続けた。意見書約6000通(空前絶後?)、私の意見書A4版105ページになった。重要なことは、07年アセス方法書への意見書約600通で、すでに、「ロード・マップ」は8月の狂いが生じていたことである。
 また、方法書・準備書の過程は、自公政権は規制緩和、年金問題などで土台から崩れ始めていた。民主党は「沖縄ビジョン」(08年7月)で普天間の「県外・国外移転」を前面に押し出し、アセス成果を利用、政権を狙い、政権が見えると「日米合意見直し」(マニフェスト)にすり替え、鳩山政権を生み出す。
民主党は、政権成立から2010年8月28日「日米声明」まで普天間・辺野古「劇場」を、マスメメデイアと一体となって演出しながら、「辺野古ありき」と日米同盟絶対化・対米追従を深化させてきた。「沖縄ビジョン」の華麗さと民主党政権の現在を見るのも面白いのだが・・・。
無題O

スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。