スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋良さん以来の沖縄の心ー黄色はわれらのシンボルからー

辺野古すわり込2400日
 13・14日北部はツールド・沖縄
  交通規制もあります。自転車競技激励しましょう

争点隠しの沖縄知事選挙
 騙されるな「県外移設」

自公「青を捨てて」
  「黄色一色」
 自公民は、のぼりも鉢巻も青であった。今回黄色にした。自分たちの過去否定、現在も未来も託せない。
 伊波陣営は
 屋良朝苗(1968)年以来、核も基地もいらない、沖縄の革新の伝統的黄色である。
  ぶれない心、ぶれない政策こそ、伊波さんの歩んできた道。
自公は
政策まで、盗み出した。

 マスコミは「県外移設」「県外移設」の対立描く
 本質は「県内移設、辺野古」反対、普天間閉鎖・返還である。火種を残してはいけません。火種を残す戦術がカン内閣が仲井真に求めていること。
 4年前の沿岸案反対の争点隠し、また、繰り返すのか。
  (やんばる統一連朝の行動)
DSC02802.jpg
  (歴史を受け継いできたシンボルカラー)
DSC02807.jpg

地に落ちた自公勢力
  どんな謀略でも使ってくるであろうか?
  「青」では自信がないから「黄色」にした
 黄色は復帰以来の沖縄革新のシンボル
  自公の姑息さにあきれる、自公ではダメ、旗に表れている。
 争点隠し、争点明確に県民のなかに、きちんと明らかに
  辺野古・県内いせつノーでこそ、経済的自立、沖縄の未来の道
自公の黄色に騙されるな
 自公は「赤攻撃」強めてくる。

DSC02810.jpg
 (仲井真、名護街頭遊説約200、基地誘致派必死です12日名護城十字路)


 今日も早朝から頑張っています
11月13日(土曜日)
  名護はツールド沖縄(自転車競走)14日まで交通規制有
 きょうもマイク握っています
  (白銀橋)
DSC02820.jpg
 毎日、同じでも、仲間が増えます
DSC02815.jpg

DSC02813.jpg
DSC02814.jpg
ヤマガーミー
 赤旗日曜版に定期的に、湊和雄さん(QABスタッフ?)が、「やんばるー亜熱帯の森」の生き物たち紹介している。
 少年のころ、炭焼き少年であったので、これらの生き物たちの写真に出会うとなつかしい。
ヤマガーミーは、那覇で売られた。甲羅に穴をあけて針金で縛りペットであった。ちょとした小遣いになった。「宝の海」(1月ごろ)に、「星空に蛍が舞う川奪われて」(7回)記録残している。
 私は沖縄の自然を熱帯と照葉樹林の織り成す、紅型、絣の綾のような自然、亜熱帯の地球の姿は乾燥、砂漠、中国雲南地方から南西諸島に濃い緑の世界がある。地球が生み出した驚異の生態系が浮かぶと表現している。
無題T

無題S
スポンサーサイト

非公開コメント

No title

謀略に注意!
現職陣営の黄色戦術もそのひとつ。そして、”屋外広告物条例違反”ーこれこそ憲法違反なのですがーの"まがいのものステッカー"が、イハ洋一のポスターに貼られたり(おそらく謀略)、投票日が近づくにつれ、反共攻撃、妨害・謀略さまざまに姑息な手段がとられると予測されます。
県内移設反対をきっぱり言えず、辺野古埋立て反対にもきっぱり言えず(仮定の話には答えられないーRBC、沖縄タイムスの公開討論)、経済は本土企業・カジノ頼みの現職ではダメ!7日の県民総決起大会で、オキハムの長濱会長も言いました。”カジノは賭博”ー惰眠政策と一喝。
県民のためにならない政策を押し付けようとする陣営に、何としても打ち勝ちましょう。本土からも共にたたかう仲間が、私の地域にも入ります。ヌチカジリがんばりましょう。11/13



プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。