スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SACO合意14年の日にーその時、沖縄では、私は何を!

緊急情報
 名護市が動いた。辺野古調査拒否(1日ブログ掲載)
 全国的激励を
  FAX・メールは行政を混乱させる。

これから那覇空港
 佐世保に向います。

 沖縄の選択
 1996年12月2日はどんな日 
                                                                                   もし、あのとき、太田知事が・・・?

 これから那覇空港
 佐世保に行きます。「宝の海」休みになるか?

 今日はどんな日
 1996年11月2日
 私のこの時期の日記には「県と国<蜜月の間柄>誇示」(新報夕5日)

            「国と県の<甘い関係」(タイムス6日)
 SACO合意(辺野古移設)の日である。太田知事は嘉手納統合案、中城湾案に反対。辺野古に決まると「国と地元」の問題にしてしまった。もし、あのとき、太田知事が明確に反対すれば・・・。
 太田が反対表明するのは、市民投票後、1998年名護市長選挙告示前日である。
 だから、太田昌秀は、いまだかって、辺野古に来れないのである。太田氏が知事選挙のさなか県外講演したこと、わかる気がする。

あのとき、宜野湾高校生と何を学んでいたか
  学校は基地であった
無題10
   (宜野湾高校生の壁新聞1996年7月)

 新基地誘致、新基地ノーの14年
  鋭く切り裂かれた。
 沖縄の最初の公選主席、初代知事故屋良朝苗氏は、沖縄の闘いは「鈍角」であると復帰闘争を導いた。
 私は、辺野古の現場にあって「鋭角」的闘いの場にいた。
 「鈍角」的闘いを常に模索した。
 知事選挙の「県外移設」に、沖縄の民衆は「鈍角」の蓄積された歴史を選択したかもしれない。歴史は「鋭角」と「鈍角」を繰り返しながら進むのかもしれない。
 槍は穴をあける。その穴にハンマーをぶち込むと、壁は破れ、向こうに大きな世界が開ける。

あのとき、宜野湾高校生と何を学んだか
  普天間返還させて「沖縄1の街」

無題9
  (宜野湾高校生の壁新聞 1996年7月)

SACO合意の日ー14年経った普天間・辺野古の闘い
 現在の到達点、これからの闘い、「わが第二の人生」の花、実を結ぶために!
 政府も辺野古に外から攻めてくる。高江、岩国の米軍住宅、振興策など「外堀」作戦、アセス評価書広告縦覧と絡めてくるであろう。慇懃な姿で。
 佐世保で考えたい。
                                                                                      仲井真知事と沖縄自公が
 これから、最も怖いのは「ユクサー」である。佐世保から帰って「ユクサー」を書く。
  政府のアセス手続き、具体的現れてくる。本物(名護市)とユクシ(県の嘘)を具体的に見えてくる。
  
                     
(続きーイノシシとわが裏の畑)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     
自然界と人間―「タラジーサビタン」
 クマやイノシシが人間社会に入ってきてメデイアの注目を集めています。今年の春、高江で3頭のイノシシに出会いました。この3頭国道に出てきて名物になりました。
 やがて、テントのSさんから食べ物をねだるようになりました。私は幼き頃、猪の襲撃受けたことあります。93歳の母が与那覇岳の麓に住んでいて、最近、猪とよく出会います。小笠原では椎の仲間に異常が生じているとテレビで見ました。沖縄でも密林の異常が起きているのか知りませんが、今年は、よく、出会います。
 人間社会に入って来た野生の動物、人間になれても、野生は野生、何らかの機に、人間を襲うかしれません。ヤンバルには猪牧場が少なくありません。先日、選挙でヤンバルの村落に行きました。豚が野に逃げて、野生化していると聞きました。
 
DSC03617.jpg
(パクチョイ、シマナー、トウフチャンプルー、フーチャンプルー毎日食べています)

やんばるの農業の歴史は、人間と猪の闘いの歴史。特に大宜見村に残る猪垣根、私は「沖縄の万里の長城」と命名しています。
 沖縄防衛局、猪垣根柵を「アメ」にして、ヘリパット建設誘導しようとしています。昔の人々は、自力・共同で「万里の長城」築いています。
 少年のころから、教えてもらった方法で、高江のイノシシ1頭捕獲しました。この捕獲作戦は1月かかりました。昨晩、私の家に隣組の皆さん、牡丹鍋と焼肉パーティーです。 胃袋に入れたのですが、わたし自然界に対する冒涜行為をしたのでしょうか。
 沖縄で御馳走様「クワッチーサビタン」ですが、海のもの、陸での狩猟で得たものふるまわれた時は「タラジーサビタン」(足りませんでした)とお礼を言います。
 この心、お分かりでしょうか。
 私の隣組のAさん、ウリンボ捕獲して、養っています。ミルク飲むときから養い、フードしか食べないようです。ミカンもバナナも食べない。ご主人と散歩するようです。
 私の愛犬ビンゴ、庭のミカンもぎ取って食べます。バナナ、パッションフルツ大好きです。
DSC03618.jpg
 (無農薬でブロッコリー順調、虫は夜電燈で取ります)

日記に見る猪
 私の日記には、猪に関する記録少なくない。
『 学園に愛とロマン求めて』
 という、「教育日誌」がある。その175pに次のように記されている。
 
「卒業記念の植樹で、喜如嘉の山にシャリバイや松を根切りしておいて、生徒と共に行った。生徒の安全を確かめたり、動きまわっているとき、私がイノシシの輪に足を取られ、林道の斜面に宙づりになってしまった。逆立ち30mはゆっくり歩く私だが(当時は逆車輪もできた)、自分の体を曲げ、自力で起き上がれない。生徒数名で助けてくれた。いつものように自分一人で山に入って事故に会っていたら。 この事件はたちまち学校中に広がってしまった」(1987年の教育日誌)
DSC03619.jpg
  (キャベツも順調です。雑草と共生しています)
スポンサーサイト

非公開コメント

来年の憲法記念日集会

上諏訪の宮坂亨です。
来年5月3日の憲法集会の講師を誰にするかの会議があり、第一候補として伊波洋一さんが選ばれました。
基地のない諏訪に、基地のある町の苦悩や基地を失くすための計略を語っていただきたいです。
4月の管首相訪米で出されるといわれてる「日米安保共同宣言」の分析なども聞きたいなー。
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。