スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプインの日にー高江4時間の闘い

高江の2月1日
ー小さい力でも、小さな成果を積み上げるー

今日、また、冷えてきました。いつでも駆け付ける体制。

闘い5分前
 先週は、さまざまな日程で、疲労蓄積、日・月は体力調整、高江動きあると読み、国頭周りを直行に切り替えた。
 9時30分、動きないのでそれぞれが、日常行動に入った。


DSC05614.jpg
 ジャングル訓練西全景、高い山伊湯岳ー陸軍の通信施設鉄塔確認できます。福地ダム、新川ダム)
 DSC05615.jpg
イノシシの食事活動跡
  猟師の習性で森に

DSC05622.jpg
 マングスー捕獲器
  20・23Mおきに設置されています。
 この森の生物たちの危機的状況が見えます

DSC05616.jpg
 ヘリパット古いアクセス道
  椎の実が
落ちています
DSC05625.jpg
 アクセス道路
  約1000mと言われています。
 現在のところ約80m砂利敷かれています。3年間の防衛局の「成果」です。

DSC05620.jpg
 防衛局が襲う3分前のN1ゲートです。
  (続きに同場所の写真、5分後にどんな変化? 1:50分後は? どんな意味持つ?)
DSC05628.jpg
(続きー闘いながらカメラを撮る)
突然の襲撃
 われら動ぜずー抵抗する

 調査終えて、テントで休んでいると突然やってきて、怒涛のごとく作業開始。10トンダンプから土嚢なげます。

DSC05643.jpg
 5対1の不利のなかで
昨年2月のの顔ではなく、新しい陣容
DSC05676.jpg
 ゲートのフエンスから
  土嚢入れる
DSC05679.jpg
 焦らず冷静に黙々と
  支援を待つー一ことも声を出さず、辺野古歴戦の女性「戦士」
海の「司令長官」の私より、冷静だ。
DSC05704.jpg
 二面作戦
 
DSC05762.jpg
 土嚢投げ入れる
 何年続けるつもりだ。
 自ら、道路遮断して
 辺野古の単管櫓金網設置(05年4月26日~6月2日まで)
  あのときも24時間体制。

 陸の24時間体制はまだ、ましだ。
 陸は、くれぐれも、謀略も仕組み易いが。海では「黒いゴムボート」(テントで包まれ)に日の丸の屈強な軍服スタイル。数隻のゴムボートで夜になるとサーチライトで脅しにかかった。
 私の漁にも来た。「ワンヌ、シグトウ、邪魔スナ」(漁を邪魔するな)
 朝、ゴムボートの近くで、ポンポン魚釣り上げる。ゴムボート拍手喝采。おとなしくなった。風の強い夜、ゴムボートのアンカーかからず漂流、助けてあげた。逆転。
 沖縄防衛局、いかなる陰謀、画策しているか。
過去から今を観る。キャンプインに浮かれている沖縄、謀略仕組み易い。
とんでもない謀略仕組む可能性大。
 必ず仕組んでくる。DSC05772.jpg
 落とされた土嚢「占拠」しました。
 11時50分
  作業中止ー防衛局現場責任者「逃亡」
DSC05829.jpg
 高校教師退職高江3人組(今日は二人)
 防衛局の「無礼」追及
  「なぜ、アメリカのために、ささげるのか」?
私にとっては、昨年2月以来の対峙、かなり陣容変わっている。誘ってみました。ハト・カン内閣閣僚の対米追従の「学び」、現場まで論理武装しています。骨の髄、爪先まで、浸透しています。現場では、筋を立てた論戦というのか、抗議というのか。防衛局員に挑むことです。  

DSC05839.jpg
 アクセス道路
  作業の動きに
 マイクで中止求める

NEC_0299 (2)
 土嚢で砂利運んで1000mのアクセス道路
 そもそも何年 かけて、やるつもりだ。
 奥にあるユンボも、雨の2月、赤土汚染のため先行工事できない。道路拡張と砂利一体。
 カン首相「辺野古厳しい」と新聞に出ている。
 沖縄県民の抵抗は止めることできない。
 裁判の日に襲撃
 キャンプ初日襲撃
 「帝国軍隊」の夜襲作戦と同じだ。
 置き去りされた土嚢
 戦地に置き去りにされ、斃れた兵士に映る。

DSC05863.jpg
せちゃん やっと、昼食(13:55)
 国頭回って、5時仮眠
24時間体制続きます。未明には・・・・・。
今日はトウシヌユウル(大晦日)
 
やんばる桜名所ー国場幸太郎生誕の地
   沖縄防衛局の作業ヤード、 
 国頭村 国場組砕石場ー国道58号比地川橋入口ー国場幸太郎生誕地、沖縄でもっとも美しく、戦前からの桜が屋敷を包む、八重岳の桜より古い、幸太郎の父は死ぬまでウチナーカンプウーで大和文化に抵抗、幸太郎は大和にも媚び、アメリカにも媚び、沖縄基地建設に寄生した。知る人ぞ知る桜の名所、国場組桜庭園宴会開かれる。
 そこは、幼き頃の遊びの庭?
 観る価値あり、奥間ビーチ展望も景観の一つ。防衛局の結集見たらお電話頂戴。大国林道へのアクセス道路の一つ。 
DSC05870.jpg


 (写真、今後のために しぼりました。各自少ないながら、持ち場で奮戦しました)


「宝の海」でも募金呼び掛けている。美優さん募金、目標に近づいています。
 電話「0990-500-666」で300円カンパできます。
美優さん入院にめど 支援続々 保証金超える
スポンサーサイト

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。