スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名護市意見書ー役所全体が「モルヒネ患者」?

 アセス審査会
  粕谷俊雄(ジュゴン専門家)証言

私は防衛省のジュゴン調査をジュゴン追い出し作戦と監視行動の中、脳梗塞になった。警鐘を打ち続けてきた。生物ジェノサイド作戦とも指摘、旧ブログで書き続け、準備書意見書、アセス審査会への意見書にした。
 昨日の審査会、タイムス、新報掲載するも、サイト上から探せない。
 笠谷氏は、
 「調査活動や関連工事、軍事演習などの影響で、ジュゴンが海域から追われた可能性を上げた」(
タイムス28面)
 私の監視活動、意見書を専門家が証明する。ジュゴンだけではなく、ウミガメ、鳥類も同様で、今、アジサシから暴露している。

 今日は定期の人間ドック、朝、新聞を読んでない。帰って、この部分追加。

マチブマチブイの準備書ー名護市の意見書
  矛盾の深刻化ーモルヒネ症状深刻化

    
 昨日の琉球新報は名護市の意見書をかなり扱い社説の結び「新たな基地を建設することが困難なことに、国も市長も気づいていいころだ」である。米軍の汚水処理を市民の税金で建設で管理費(gw水道事業は赤字)まで負担、ピンハネ会社まで作った。辺野古・豊原・久志3区の行政機関の要望(名護市当局説明)であり、この3区のために名護市があるのではない。
 モルヒネ症状、名護市の意見は、防衛局から見てもモルヒネ症状であろう。
 私がURL掲載できないが「おおかな通信」に関連記事掲載されていると思う。現実的にも法理論としてももつれてきた。評価書ですべてやるのは沖縄防衛局の基本戦略、名護市はこの線路を歩いている。追突されて自殺行為をするようなものである。
 私の今、アジサシから準備書を暴くことである。

ベニアジサシの子育て
 注意深く見てください
 岩に座っている左から1番目、2番目が餌を加えているの判明できますか。左下で餌を与えています。右羽ばたく後ろで餌を与えています。ベニアジサシは成鳥と若鳥の区別がつきません。長時間観察できませんから、エンジン切って流す間のみの撮影。卵、ヒナ、監視と餌取りの共同体である。

IMG_0001_20090826092332.jpg
     撮影島元 智 8月2日 平島沖岩

 エリグロアジサシ
   若鳥の姿

 昨日のブログにヒナ2羽掲載しました。なかなか出合えません。望遠でとった写真を印刷してよく見ると頭に産毛のが見えます。
IMG_0002_20090826092400.jpg

   撮影 牧志 治 8月4日 シュワブ岩
エリグロの若鳥の
  羽ばたきです
 まだ、飛べませんでした。
IMG_20090826092420.jpg
    撮影 牧志 治  8月4日

 僕飛べたよ
  エリの若鳥、ベニが見守る?

 平島沖岩と平島の中華にある岩、満潮時は見えない。平島に広い空間があるけど行かない。ベニの若鳥判明することできませんが、エリの若鳥をベニが教育しているか(?)
IMG_20090826092628.jpg
  撮影 牧志 治 8月4日

モー初恋?
   邪魔しないでよ!

IMG_0001_20090826105112.jpg
 撮影 8月4日 牧志 治

  豪州の友人から
   返事が
 豪州の友人に写真を送ったらアジサシが絶滅危惧として保護の対象とNZの写真19枚の資料が送られてきた。日本でアジサシ、豪州ではFairy ternといわれているようだ。写真には英語でアジサシの種名が書かれてない。辺野古で繁殖するアジサシの種類を英語で送った。ミサゴとMV22オスプレイの由来も送った。ところが、日本の友人から、私の英語駄目だと書き直し手伝ってもらっている。
 国際反基地ネットワークへFrom the Sea Dugongs in OKINAWAを再開した。フランスのマルセイユ
から返事が来た。ドイツの友人Hans Peterさんからも来た。へたくそな英語、読んでくれたようだ。これから、恥をかきながら辺野古を発信してゆく。

資料
 新報1面
 名護市意見書


政治 普天間アセス名護市長意見 南350メートル西150メートル移動提示2009年8月26日

 米軍普天間代替施設建設に伴う環境影響評価(アセスメント)に関連して、代替施設建設予定地の名護市(島袋吉和市長)は25日午後、準備書への市長意見を県環境政策課に提出した。意見書で市は、政府案に対して沖合移動を求める従来の名護市試案(南側350メートル、西側150メートル)を基本に評価書を書くよう求めた。市側から沖合移動について具体的な距離を提示するのは初めて。
 同時に、準備書で市試案が環境への影響が大きいとされたことから、次善策として政府案を南西方向に100メートル、200メートル沖合に出した案も検討するよう要望している。だがこれらの案はいずれも県アセス条例規則でやり直しを必要としない「軽微な修正」の範囲を超えており、要求通りになればやり直しは避けられず、国が目指す2014年の代替施設完成の移設計画に影響を与えかねない。
 市試案は、準備書で南西側移動と示されたが、市がおおまかに図で示したのを基に、沖縄防衛局が比較検討のために数値を設定した。準備書では、騒音の影響増減などを政府案など6案で比較検討した結果、市案は環境への負荷が大きいと評価された。
 市の意見書は「メイン滑走路を最も沖合に移動できる案を基本とし、評価書を作成すること」と明記。市基地対策室の荻堂盛邦室長は「政府案では騒音予測コンターのW値(うるささ指数)70が近くの集落にかかっており、外す必要がある」と提示の理由を説明する一方「アセスのやり直しは想定していない」との見解も示した。
 そのほか意見書では、準備書で新たに示されたヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の移動や米軍との使用協定締結、低周波音の予測評価、回転翼機の施設間移動や訓練飛行の経路のほか、埋め立て土砂の購入先や搬入計画など、評価書で詳細に記載するよう求めた。
 普天間代替施設建設に係るアセス手続きは、10月13日までに知事意見が提出される。

新報社説
名護市意見書 新基地建設は非現実的だ2009年8月26日

赤嶺政賢さんの九州比例の議席は辺野古・高江の闘いの宝
  現場と国会を結ぶ重要な橋


スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。