スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名護稲嶺市政一周年と高江の闘い

高江情報
一砂も入れさせないこと
 それは、大変なことです。そのこと昨日のブログに書いたら、防衛局意地になって、11:25分、N4.N1同時作戦を展開。N1には4トン車、2トン車防衛局員、近くにダンプ2台待機。作業員約30人、車止めたけど突破される。防衛局員が必死になって、数日前に投げ捨てた土嚢を放り込む、土嚢の上に眠りながら守る。
約1時間の攻防。
沖縄防衛局に、恐ろしく「焦り」が見える。N1の作業はすべて防衛局員。「防衛局土建株式会社」の状況である。
 昨日、防衛局午後「休養」です。
 今日は朝から強行と読むことが大事です。
 あなたの時間ください。
 高江は地理的に遠距離で、闘いの困難さありますが、今、大事な時期です。

 沖縄防衛局への抗議の電話、それほど広がっていません。頼みます。
政治的には軍転法で超党派で岡田に要請、仲井真知事、稲嶺市長切れず。

DSC06267.jpg
 
DSC06275.jpg
 この状態でシャター押し続ける。
 一つの砂袋に座ること、とても大事、毎日「愚直」続けています。騒がず、自分の「分」を繰り返しています。
DSC06285.jpg
 米軍車両、マフラーに特色
DSC06287.jpg
 差し入れありがとう
  熱くなります。各自が持てる水 とても、大事です。
   これからペットボトルとても大事です。大歓迎です。
DSC06252.jpg
 キャンプも張られました。
DSC06291.jpg

 初めて高江に来られるみなさんへ
  現場の説明を求めてください。
 高江の現場に着いたら、高江の闘いの現況について説明を受けてください。現状把握しないままでの直接 行動は控えてください。
 
 責任者の指示に従ってください。
 
 作業者に暴言は行わないでください。

 防衛局員は挑発のプロです。
DSC06251.jpg
(ブロッコリーの森の照葉樹林、イタジーの芽吹き始まりました。雨と温度でしだれ柳のようにの伸びると黄色い絨毯の森がやってきます。5月になるとイジュの花の白い蹴鞠、そろそろ。道端にシャリンバイの純白の花が咲きます。森が息吹きます。野イチゴも白い花、人間も自然の一部、ただ、人間は傲慢だ。)

名護市の今

[稲嶺市長就任1年]「名護流」脱基地の挑戦

名護市長「再編交付金なくても大丈夫」 良好な財政状況アピール
区域外訓練容認 無原則極まる米追随だ

グワム頑張るー琉球新報「変化の兆しー米軍事費とオキナワ6」と(日・火掲載)関連してください。
 (続きー大切な案内です)
稲嶺進市長就任1周年激励会fc2.com/t/e/r/teruo024/20110208200517367.jpg" target="_blank">無題A

 違法アセス訴訟第9回公判
   2月9日(水)
    午前10時
   2月14日(月)2時
    沖縄防衛局交渉
     フエンス・不服申し立て


メモ
 N1テントのなかで、本土から来たYさん、米兵の基地外住宅家賃月20万~30万に驚いて質問してきました。年300万になります。あなたの税金です。300万以上の所得者、日本人の何パーセントか知りませんが、私の年金はるかに超えます。少なくとも年金者で公務員は多いほうです。
 米兵にとって、高級オクションに住んで給料は貯金みたいなものです。
 驚いていました。
アメリカで軍事予算が「国つぶし」の世論。
日本は外国兵士の懐増やし続ける。
日本ッテ、面白い国民だ。
ワジワジー忘れた国民、言い過ぎ?ラテンアメリカ見よ、アフリカ見よ、日本は胃袋までアメリカにささげる。その扇動役はメデイア。
「キチガイジュウタク」は差別用語のようだ。しかし、音として「きちがいじゅうたく」は完全な日本語である。96年立命大学土曜講座、「部落」と使ったら「差別」と言われた。沖縄では集落を「部落」という。いわゆる「部落」を「アンヤー」と聞いている。私は言った「沖縄の文化に対する差別」。基地外住宅の実態は広める必要あり。もし、差別用語なら本質を表示できる用語提起してくれたらいい。
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。