スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦節10年ー「やんばる共同クリニック」開院


ワッター病院ができる
 全国のみなさんに感謝
 民医連は関東東北地震、全国から医療支援を行っています。
 辺野古の闘い23次辺野古行動は、地震の起きた3月11日でした。05年から二月ごとに約60人以上が毎回参加、辺野古・高江行動、23日に予定していた山梨民医連は医療支援で中止、これまで約2000人の民医連関係者辺野古の海を案内してきました。4000名以上の会員で1診療所、 私は辺野古行動受け入れ責任者として「やんばるにも民医連の診療所」を求めてきました。
 いよいよ、開院である。

 沖縄共同病院、コザ共同病院と結合して、やんばるの「命と健康」を守る砦ができた。名護医療生協はヘリ基地反対協議会の幹事団体、「ワッター診療所」願って、辺野古・高江の闘いと結合した苦節10年で実現だ。医療と平和結合して「愚直」に闘ってきた成果だ。
無題K
 医師島津光邦先生は
 名護高校出身、カミさんの教え子
 今日は東村、統一連行動日、7月から再開されるであろう闘いのための第1次行動です。
寒い日が続いています。東北に暖かい日が来ること願っています。明日は、「やんばる共同クリニック」の開院祝賀会、23次の行動の中で、全国民医連の一人の医師を失った。私にも責任がある。それにも、かかわらず、全国民医連、医療生協に感謝する。

L_20110325193828.jpg
 庭に蜜柑の花咲きました。
 これから育てる。新たな奮闘が・・・。
DSC08178.jpg


 (続きにー再び「戦争絶滅受合法案」)
横須賀ー米海軍空のようだ。厚木・横田はどうか。
空母GWの給水バージー船、自衛隊艦船で曳航して福島原発へ、やはり、福島原発港に船入れたのだ。陸上で米軍放置消防自衛隊が動かし、米軍の懸念でバージー船、海上自衛隊が曳航、米軍の思惑で動いている感じ。(ニュースメモ)だとしたら海上保安庁も動けるはずだ。「トモダチ作戦」24日から物資輸送宣伝しています。上陸用船艇上陸(沖縄戦は船艇)調査中と書いていますが・・。

辺野古テント村から
 メッセージ
 なぜ、辺野古テント村に?
 基地にも、原発にも適用できませんか。
 私は日本のメデイア「大本営」だと、言い続け、辺野古は「第4の権力」の闘いでもある。原発事故でテント村の「戦争絶滅受け合い法案」が現実的意味を持ってきたと思うのです。
 原発についても同じ、宗教者の文字に変わって、メデイアを書き込み修正しよう。
DSC08238.jpg
 ネットから
http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/hasegawa_nyozekan.html

地元は求めている。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20110326-00000019-nnn-soci

友人から送れれてきたメールです

<福島原発50キロ圏までの避難範囲拡大と浜岡原発の即時停止を求めます>
      チエリノブイリー子ども基金

 恐れていた「原発震災」が起きました。3月11日午後2時46分、東北地方 を中心に巨大地震が発生、大津波によって多くの犠牲者を出すとともに、東京電力福島原子力発電所は制御不能の事態に陥り最悪の事態に向かって進んでいます。すでに環境には大量の放射能が放出され、周辺の人々への影響が心配されています。
政府は20キロ圏内に対して避難指示を出しました。しかし、30キロ、40キロの人の自主的避難は始まっています。特に妊産婦・子どもは率先して逃がすように政府・自治体の方にお願いします。爆発してしまったら、パニックになります。
 各地では避難してくる人々のために公共施設を開放し受け入れを始めています。東京も、公共施設などの受け入れをはじめました。さらに避難場所を拡大してください。
私たち「チェルノブイリ子ども基金」は、フォトジャーナリストの広河隆一がチェルノブイリ原発事故の被災地で母親たちの訴えを聞いたことにより1991年に発足し、募金活動を開始しました。20年間、さまざまな救援活動をウクライナ・ベラルーシの被害者、特に子どもたちに対して行ってきました。
 事故後25年が経過しようとしている今でも、事故後に生まれた子どもたちさえもが、重い病気になり、命を落としています。
「最悪の場合でも、チェルノブイリ事故ほどにはならない」との報道もあります。もちろん、私たちもチェルノブイリのような事態にならないことを強く願っています。しかし万が一の事態が起きてからでは遅いのです。日本国内のすべての原発を止めてください。特に、東海地震による「原発震災」が心配されている浜岡原発は即時停止すべきです。
原子力災害は 一地域、一国の問題にとどまらない世界的かつ事実上無期限の問題であることを、チェルノブイリ事故被害者の救援を長年続けてきた私たちは強く認識しています。政府、電力会社は、すべての情報を即時公開し、国際的支援と協力を早急に要請すべきです。
初めに被害を受けるのは子どもたちです。チェルノブイリで起きたことが繰り返されてはならないのです。
2011年3月18日チェルノブイリ子ども基金 cherno1986@tokyo.email.ne.jp
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。