スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘉陽オジーから学ぶものー意志、学びへの貪欲


「トゥシ(年)ヌ クゥ(功)ーヤ カーミ(甕)ヌ クゥー」
 4月12日(火)は、辺野古のおじー・オバーの出勤日、久ぶりにテント村へ、嘉陽のオジー「大将、体は大丈夫?」と気遣ってくれる。ご本人は杖を突き、支えられてテントに座るのにだ。
 (私のこと、司令官とか大将とか呼ぶ、旧帝国海軍)
 「大将、歴史勉強したい」
 「どうしたの?」
 「自民党や民主党は民主主義知らない。名護図書館に行けば歴史学べる?歴史学びたい」という。
DSC08921.jpg


 嘉陽オジー、今の日本の政治家の世界は特権階級の世だと次の歌を詠んだ。

「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」
 
 今の日本の政治家は、この歌の時代と変わらないという。87歳になっても図書館に通って学びたいという意志の強さと、子どもほどの若輩の健康を労わる。いつも、元気もらい、励まされる。

 辺野古ダム
   基地建設のために廃棄は許されない。
 雨の降る兆し見えません。連休明けまでまとまった雨降らないと「水騒動」起こるか?
 11日「宝の海」に「辺野古ダムと新川ダムの違い」について宿題にしている。
 宿題解答「どんな旱魃でも水位に変化なし」

 いつで、あったか玉城デニー衆議院議員がテント村訪問、嘉陽オジーの「辺野古ダムは命の水」が理解できないようなので、玉城議員に帰りは辺野古ダムと金武ダム見て帰りなさいと、同じこと宿題として与えた。

 辺野古岳、キャンプシュワブ台地は地下水脈が豊であることを意味する。辺野古岳裾野は盆地になっている。二見に至る国道沿いにも湿地は少なくない。辺野古ダム堤防が国道329号線で、大雨になると溢れて堤防越えて海にながれる。

 辺野古ダム(美謝川)について辺野古方法書・準備書に二つの問題がある。
 その一つはダム周辺の土を埋め立て土砂にし、ダムを廃棄する。
 その二つ目は、河口が埋め立て中央、そこは船舶バース予定、河口を変更する。
 準備書に批判意見書提出。設計図(準備書)によれば、美謝川を辺野古弾庫側にトンネルで放流、大浦湾の内部に流れる河口になる。内部の大浦川の流れと衝突する。ここは断層になっていて大浦川の流れがあり、ユビエダサンゴの群落など貴重な生態系、ラムサール条約登録候補(準備書以後に)になっている。
DSC08947.jpg
 辺野古のテント村は学びの場、力の源泉である。昨日触れたように、グローバルな辺野古でもある。グローバルとは地球の片隅の点と面の総体である。


追加更新今日ニュース11時に
 日本に何を求めてくるか
  新たな「セビリ」の前兆か

米海兵隊移転 費用膨張の見通し

米太平洋軍司令官「グアム移転費増加」

 思いやり予算導入の頃
「われわれはむこう5年間に施設リスト(思いやり予算)を提出している。その実行のために圧力をかけ続けるつもりだ」(東アジア・太平洋局長)


地理的優位言えず 在沖海兵隊の震災救援

進まぬ普天間返還 風船で抗議
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。