スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の新聞から知るー三つのこと

オバマ政権はブッシュ政権と同じ
  グリーン在沖総領事

 (その1)北部の基地に変化というのか、ハンセンではグリーンベレーの訓練増え、シュワブ民間地域を銃携帯闊歩、ホワイトビーチに原潜入港盛んである。
 キャンプシュワブのヘリ訓練活発(高専旋回苦情)、米海軍司令官シュワブ視察などである。
銃携帯してテント村前に上陸する海兵隊(写真テント村提供8月2日、3日)
IMG_20090905165757.jpg


その2)タイムス社説「沖縄振興策ー将来像を自前で描くとき』と書き、特集国政激動「泡瀬干潟埋め立て民主県連に方針ブレ」である。ザル経済(中央財界に還流)の問題は昨日の論壇にも乗った。
 そもそも、ゼネコンは1950年代沖縄を足場に資本・技術の本源的蓄積を行った。1947年傾斜生産方式政策、八幡製鉄は鉄鋼資源を沖縄に求めた。
 先日、大学院生に、たまたま、名護の内原の民宿であったので、民宿の地はいかなる場所か。武田製薬が日本有数の製薬会社に発展するルーツは、武田薬草園(民宿の建つ地45町歩)のコカ栽培にあると推測している。
 辺野古が現実的闘いになったので調査・研究中断。基地政策を柱にした経済政策の限界。しかし、
ゼネコンに夢よもう1度としがみつく。ダイエイの盛衰も沖縄と関係するといわれている。
 沖縄ゼネコン、不動産会社にの「草刈り場」経済から・・自立とは何か。

 愛犬ビンゴとともに
  海の調査から
 昨年まで、調査に愛犬ビンゴを同船させていた。幼いころは海を怖がった。船に乗せるの苦労した。今は自分から船に乗り、自分から海に入る。昨年夏体調崩して以来のコンビである。アジサに変化を与えてはならないとビンゴ乗せなかった。ビンゴ猟犬の血が流れていて、獲物を見るとほ吠え環境撹乱すると、思った。しかし、海の状況で獲物見てもほえない。狩猟の範囲外に吠えても意味がないこと本能的に知っている。
 国防省のメア、グリーンさん、すぐ、吠えて、ブッシュと同じく吠えまくる。
 
8月31に日、ゴムボート訓練、翌日、海岸、テント村漁港を銃携帯訓練。
 昨日、メア日本部長をブツシュの遺物と書いた。卑屈外交とも書いた。化石的「知日派」とも書き、「在日米軍を日本ミニタリストの傭兵」「パンと銃のみ」の誇りなき軍隊と書いた
 ( 添付誤って4日ー2010年問題に追加となっている)
001.jpg
 今日の新聞、グリ-ン在沖総領事(知日派)の発言が面白い。普天間問題「ブッシュ政権とまったく同じレベルだ」、と発言、写真を見るとラフなスタイル、原潜、銃、ヘリ実践的配置したスマートパワー
政策による脅しを基本としている。これだけの戦力配置して、オバマをブッシュの手法までこき下ろすことはなかろう。忠犬ビンゴは主人の名誉のために吠えなかった。ビンゴが吠えて威嚇したら主人の立場が悪くなる。
 吠えすぎる「高等弁務官」で、アメリカオバマ大統領、アメリカ国民の権威失墜の始まりか。
 ソフトな顔した知日派、慇懃で曲者である。
 わが屋の琉球の宝
 メア、グリーンの発言を見るとスマートな顔して「米国の利益」「個人的利益」をあくなき追求する。哀れな「知日派」の典型、ブッシュとオバマを同列に置くことはアメリカの国民から見放せる陰謀とも取れる。オバマもか。
 沖縄戦、田井等収容所の最高権力者「泣く子も黙るR中尉」は地元の女性を妻にし沖縄理解者になる。でも、R中尉はノロ母の宝であり琉球王府聞大君から拝命された神具を「借りる」で「奪った」、ソフトな顔して「強奪」である。
 米政府に返還請求する方法はないものか。勾玉、金の簪などが入っている。
 知日派という言葉はr中尉を想起してしまう。しかも、今の、知日派あわて過ぎ、猟犬は獲物を見てもほえない、状況を的確に判断して行動に移す。愛犬ビンゴの野性的本能を見ていると、あわて過ぎの「知日派」。しかも、日本語使い、カリユシウエアーでの記者会見。・・・・・・・。
 アセス違反のデモフライト。
   見る目
キャンプシュワブのヘリ訓練。もっと、海面までホバリングすると水しぶきでヘリが見えなくなり、米兵が落下する。サンゴ礁での上では水面すれすれでやる。
 MV22が配備されると昨日のMC130の降下訓練に、ゴムボートを落とす合同訓練となる。デモフライトは方法書に書き、住民意見を得て、アセス調査でやるのが本来の姿。準備書にデモフライトしないと書き、極端な行為にはだれでも反発するから、防衛局・県・名護市の合同戦術と意見書で、私は指摘している。
 県平和委員会は環境政策課と審査会に厳重抗議の意見書提出している。軽いヘリ飛ばしても意味がない。
IMG_0007_20090905100151.jpg
   ヘリから落下した海兵隊は浮き袋で浮いている。ゴムボートが来て救助。
IMG_0010_20090905100215.jpg

 平和丸は
  辺野古の闘いを学ぶ学習船

 辺野古闘いとシュワブ基地の実態をパワーポイントに作成、生物多様性含めて英語の説明を入れて国際会議に参加している。06年世界平和フオーラム(バンクーバー)、07年反基地ネットワーク(エクアドル)、09年4月は体調の不安抱えながら反NATO イベント(仏、ストラスブルグ)に行った。
 総計CDを500枚は配布している。ブースにパソコン設置して会議の模様はトランシーバーで聞いて時折撮影。
 平和丸の上をCH53が飛ぶ。
IMG_0013.jpg

赤旗記事を読む
 赤旗は「夕刊」(?)で配達される。11時に読む。
日本の新聞は国民の運動をつたえない特性を持っている。5日の赤旗は「沖縄新局面ー米軍新基地推進地元議員ゼロ』と3面の3分の2を宛てている。故金城祐治さんお奥さん初子さんの闘いを紹介しているのは、地元紙にもできない、この闘いを発展させて、来た視点で編集されている。
 同時に、18日の集会も記事にしていて、岩国の爆音訴訟も写真版、横須賀の闘い(13日集会)も写真版、自公政権のあまりにも従属的政策が壊滅的崩壊をしたのが、再編成の沖縄、岩国、神奈川の闘いである。
 日米政府の根幹を揺るがしてきたのが、故金城祐治さんを中心とする「愚直」であった。対等な日米外交を求める流れは止まらない。
 沖縄のアセスの闘いを全国的伝える新聞も赤旗のみである。民衆の闘いを伝える新聞として、また、共通の闘いとして結ぶ役割大きいと思う。

スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。