スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北沢代官去りーアセス手続き始まるか?



「命どぅ宝」愛知
 名古屋行動HP、昨年知事選挙以来の更新がなく心配していた。浅見さんがテント村にいろいろ送ってくれるから活動健在とは思っていたが、「命どぅ宝」の通信が届いた。
 私が、最初に沖縄問題で演説したのが名古屋、96年4月7日である。それから、全国の集会、講演の旅が始まる。
 環八や愛知池は、それ以前、漕艇合宿でいくども行っている。愛知池のあたりは、寒村であった。この周辺には、沖縄の県人が養豚など行っていた。
 名古屋は、沖縄料理店「守礼の門」はじめ沖縄料理店などかなり増えた。県人会もかなり活発で、琉球歴史研究、琉球文化に親しむ人少なくない。

 会員交流のためメールネットワーク始めるようだ。

 さまざまな活動見える。こんな活動の全国的、あるいは、さまざまな情報交換が必要だ。沖縄生物多様性ネットワーク沖縄BDなどのネットワークは参考になろう。

カミさんに、いつも、からかわれるのです。携帯のメール使えない。AUの御嬢さんの言うまま、機能は、無限に入っていると、カミさん「あんたバカネー」と厳しいのだ。
 
 沖縄情報のため、メールを作るようだ。私は登録の仕方わかりませんので、くわえてください。愛知のみなさん、沖縄古代史はじめよく、学習会しています。

 沖縄は「究極の闘い」に入ります。メール情報・交流重要になります。わたし、03年3月、韓国平和学習で、韓国のみなさんから「メール、ネット革命」の言葉学び、老骨に鞭打ち、前進を目指しています。

無題S
 (5月15日、わたし、誕生日なの)

 北沢代官「心あろう?」
 
 あまりにも、理不尽な沖縄、昨日「北沢代官心あろう」と締めた。
 朝、起きて新聞開いた。北沢が米軍事故・事件に言及している。本気かどうか、沖縄への媚びか、沖縄の現実、事実は消せない。北沢にも心があると理解するか、それとも、逆襲の布石と見るか。
 
 米軍に働き掛けへ 防衛相が帰任会見
北沢の「成果」は何か
   沖縄政策協議会開催、アセス手続き、仲井真に「告知」したことか。

北沢氏、会談の成果を強調

北沢は「隠密」「密使」連れいるであろう。部下の沖縄防衛局名護事務所も働きぶり見せる必要あり、偶然か、元島袋市長地盤、許田区、喜瀬区が辺野古区基地誘致支持、容認決議行ったようだ。
 沖縄防衛局「宣撫工作」本格化したと見るべきであろう。

 環境アセスメントのおさらい
  
 2プラス2、日米首脳会談に向けて、沖縄防衛局環境アセスメントの手続き入ること予測しなければなりません。
 方法書・準備書には国民意見出せました。
 評価書が広告縦覧されると、国民は意見を出す機会はありません。
 わたし新環境アセス法勉強不足ですが、「市町村首長の意見を聞いて知事が意見」を出す。
 新基地建設は、平和、政治の問題でありますが、法的には「手続き」でもあること、絶対に見失ってはなりません。
 日米会談では「アセスロ-ド・マップ」(工程表」も、縛りをなくするでしょう。
 いかなる闘いを組むか。
 アセスの専門家の対応にゆだねてだけでは勝てません。
 民衆が「評価書」に勝たなければなりません。
  平和団体、環境団体は、「学際的」共同で、民衆の知恵の結集に努めよう

 民衆の学び、行動が政治を動かしています。
 「沖縄ノート」裁判の成果と教訓があります。
 嘉手納爆音訴訟2万余の結集の現在があります。
「宝の海」もみなさんに遅れないよう、頑張ります。
ア無題

イ


憲法・被災復興、核(トウデンも)、新基地建設
  同時、進行のようです。
 公電(ウイキリークス)を見る
  3ポイント(赤旗ー主張)
ウィキリークス文書
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。