スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移設論・見直し論小史-勇気は希望への道



琉球新報電子版ー二つの記事
  軽く流すわけにはいかぬ<
 日本国民はいかなる勇気を示す時か/span>
新たな「見直し」論(枝野官房)
 「アメリカの柔軟性」(知事)
 官房 
普天間飛行場移設問題
 知事
普天間飛行場移設問題

 また、また、移設先探し論
  海兵隊不要・撤退論と「移設」

 90年代中期の「移設」論
 90年代に入ると海兵隊不要論・撤退論が浮上する。『世界』96年7月号であったかと記憶は定かでないが特集があった。当時、沖縄では「3事案」「10事案」とか基地の統廃合が浮上していて、その矛盾の中で出てきたのが普天間返還の「嘘」と「移設」である。
 沖縄タイムス95年5月12日社説「3事案」は「がん細胞の転移」「がん細胞の増殖」と痛烈な批判をしている。
 5月30日同紙「論壇」、私は「3事案・・-基地の全面返還は県民の願い」の中で「太田知事の3事案への誠意をもった対応」は「政治家用語の常識的解釈からは、具体的に移設を認める動向である」と、諌めている。
いくども、教育庁に呼び出し受けたのも、この時期である。ペンおらず。口はマイクとともに街に繰り出す。
 8月20日、タイムス社説は「代理署名拒否」を太田知事に求めている。
 9月4日、少女暴行事件が起こる。

太田知事は「少女と母親の勇気」「反戦地主のバラ」で救われた。歴史の事実として冷厳に見ることは大切である。

 名護市民投票へ
 太田知事は揺れ動いた。私の新聞記録見ると、太田知事への諌め、太田知事への激励、移転論批判と動いている。移転論で海兵隊不要論・撤退論がかき消され、「思いやり予算」「基地関連予算」(島田化懇などなど)が増えてくる。

 米軍再編成
  軍民共用空港頓挫の中で
 軍民共用空港の闘いは「あの頃、あの時、我らの戦略」(5回)で書いたので省略する。
  (5月4日から5回ー続きで)
 移転論がまた、繰り返され、メデイアは日本政府がアメリカと対等に「喧嘩」を描く。今日の日米対等交渉、対等平等論である。

 昨日も書きましたが、国会(10月19日)で外務省北米局長、防衛庁(当時)防衛局長に、飛行場と軍港などのセットを日米で暗躍していると国防省、海兵隊資料で追及していた。
 すでに、アメリカジュゴン訴訟で、われわれも資料を得ていた。

 この時期の移設論の特徴は、小泉首相の「辺野古見直し」(05年1月)論が浮上してきたことである。
 小泉に期待した人少なくないが、わたしは「小泉の政策は、弱いものにがん細胞移植して痛みを押し付ける」、「小泉首相の<辺野古見直し>は予想したように<辺野古内見直し>として、陸上案、浅瀬縮小案」である。(『愚直』あとがき)

 出てきたのが10月下旬日米合意沿岸案(L字ともいう)、翌年5月1日の日米最終合意(ロード・マップ・V字計画)と推移してゆく。

 我々は、秘密・隠ぺいの日米合意を暴きだす闘いに入り、アセス方法書・準備書で日米合意の「縺れ縺れ」を作りあげてゆくのです。
 この中でも、アメリカジュゴン裁判の果たした役割は、多大であった。
 日米の民衆の闘いが、道を開くのである。

民主党政権の移設論
 また、また、亡霊の移設論
 野党としての民主党は「縺れ」をうまく利用して政権にありついた。「国外・県外移設」論の虚構はウイキリークス公電が示すことである。

 この移設案の特徴は「日米合意見直し」の虚構で、沖縄の政治戦では「辺野古合意見直し」として現れ、民主党と民主党政権に県民も国民も走った。

 小泉の「見直し」への批判に比べ、民主党の翼賛的空気との対決は、容易でなかった。
さらなる特徴は、全国5紙はじめとする在京メデイアの「海兵隊抑止力」「日米同盟深化」論の大合唱、大連立であった。

名護市民の市民的勇気で「辺野古合意見直し」を克服し、2010年1月の名護市長選挙で移設論を克服する。

 普天間移設論が、いかに、非現実であるかは、少女暴行事件前から、批判をしているところである。

 現在の日米の動き
  移設論と向き合って16年
 いろいろ、両政府、官僚ももめているようで、まだ、実態は見えない。被災・原発の状況で安保・憲法の翼賛的状況を醸成し、知事を土俵に引き込み、乗り切る意図が見える。
 県民・国民は「日米合意見直し」に走った過去の教訓を忘れてはいけない。また、「安保平等負担」論などに乗ってはいけない。同じ過ちを犯してはならない。

 移設論と付き合って16年、何が見えてくるのであろうか
  勇気と希望
 少女と母親の勇気が沖縄の「チムグクル」を動かし、同時に起きた教科書問題、沖縄戦体験者の滓を啜る勇気の共有証言が平和を生み出す原点を呼び覚まし、風に流されず「辺野古ノー」を明確にした名護市民の市民的勇気が沖縄の進むべき道を示した。
 論理は理性的優位でも勇気が無かれば、論理的正当性は、優位に立てない。政治力学は常に多数派に左右されるが、名護の勇気は、多数派でありながら風で押しつぶされたものを、舞台の主人公に仕立てた。
あの頃、メデイアは反対派の分裂と書いた。私は、「辺野古合意の見直しに吸い込まれ」と余地を残している。

 マメリカ側からの「見直し」は、歴史の教訓から日本国民に何を示しているのであろう。それは、日米安保による「嘘」「密約」政治からの転換であろう。その時、日本の民主主義も「深化」の道に入る。
 ウイキリークス「公電」など「密約」が暴かれる中、在京メデイアの論理も注目しなければならない。

 日本国民が安保と決別する勇気、今、求められる。
「安保の平等負担」論との真の決別、日本が憲法原則で生きるとき、われわれは東アジアの民衆と平和的に共存し、「この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる」。
 アメリカを含む民衆との友好を築く道でもあろう。

9時更新
 関連記事午後添付
ku.jpg
ka.jpg

この記事から関連記事へ
普天間飛行場移設問題


(続きー沖縄2紙社説)

 荒唐無稽とは
  日米合意のことだ

嘉手納統合 理解不能な「非現実的」案だ

[米上院軍事委提言]辺野古移設は破綻した
スポンサーサイト

非公開コメント

No title

今日のNHK報道(沖縄)に、耳を疑いました。下地幹郎がウラで動いているようです。名護のオキボーも一体的に動いているのでは?
今月19日の県民会議主催の集会(宜野湾・ジュビランス 18:30)は重要なとりくみになりますね。


普天間部隊 一部住民に受け入れ案(NHK沖縄)

5月13日 14時45分
沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題で、沖縄県北部の国頭村の安波地区の住
民の一部が、地域振興などを条件に、この地区に空港を建設したうえで、普天間
基地の海兵隊部隊を当面、受け入れる考えがあることを政府に伝えました。
アメリカ軍普天間基地の移設問題を巡って、アメリカの有力議員が、名護市辺野
古に移設するとした現行案を「非現実的だ」として見直しを求めたことについて
、政府は現行案を再考する余地はないとしながらも、アメリカ政府の動きを見守
りたいとしています。こうしたなか、沖縄県北部の国頭村の安波地区の住民の一
部は、沖縄のアメリカ軍基地の返還計画の実現に協力するため、地区内に空港を
建設したうえで、普天間基地が最終的に国外に移設されるまでの間、海兵隊を受
け入れる考えがあることを政府に伝えました。安波地区は国頭村の東海岸に面し
た地域で、国有地もあるほか、周辺にはアメリカ軍の演習場もあります。住民は
新たに建設する空港について、自衛隊と共用してもよいとして、日米の部隊の受
け入れの条件として、高速道路を建設するなど地域振興を求めていて、今後、で
きるだけ早く地区の住民全体の同意を取り付けたいとしています。こうした方針
は、沖縄県選出の国民新党の下地幹事長が、大型連休中にアメリカを訪れた際に
、移設の現行案の見直しを求めた議会上院軍事委員会のレビン委員長らにも伝え
ています。
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。