スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FAX通告に布令政治を想起

最も 新しい映像。
 QAB報道ステイション。検索してください。
 ジュゴンは政府が悪いことすると必ず現れます。
 保存できる人、保存、あるいは、拡散お願いします。
 

F18,オスプレイ・ジュゴン動画
http://www.qab.co.jp/


政府は実務的に「動いている」
  
家に籠っています。
過去の資料をそれぞれの場所に送っています。
『沖縄の太陽』の資料と未公開写真など伊江島「わびあいの里」に送り、生徒の愛楽園新聞を愛楽園に送り、分類などしています。
終わると散歩です。蔵書の引き取りも進んでいます。受け継いでくれる人うれしいです。
でも、捨てられない本、漫画「美味しん坊」です。睡眠薬になります。

資料と読者
「沖縄の太陽」で知った真謝の闘いー愛知メールK女史の
≪私は、沖縄、伊江島真謝区の黙認耕作地である基地の中で生まれ育ちました。米軍の射爆場のフェンスから100メートルくらいのところです。
米軍はベトナム戦争の訓練をしていました。ジェット機の爆音はひどく、いらいら指数はそうとうなものでした。空からはパラシュートで若い兵士が降りてきて、煙突や、木に引っかかり、助けにいきました。夜は照明弾の光が戸の隙間から入ってきて脅えていました。事件、事故がたくさんありました阿波根昌鴻おじいは毎日カメラを首に掛けて証拠写真をとっていました。悔しくて、悲しくて、「祖国復帰」したら解決するととても期待しましが、米軍の訓練が変わってきただけで、ほとんど変わらない生活です。そこに育ったものとしてやるべきことがあると思っています。
真謝区土地闘争について大西さんが書かれた 「沖縄の太陽物語」があります。大人は口を閉ざしていたので私はこの本で当時のようすを知ることができました。あの当時からはずいぶん情報が伝わり、沖縄に思いを寄せる人々が増えました。力強いと思います。私もできることを粘り強く続けて生きたいと思っています。よろしくお願いします。よく学び、行動し、楽しくがモットーです。≫
 (命どぅ宝メール)

FAXに布令政治
 思い出していた。
 1960年6月19日米アイゼンハワー大統領来沖
 完全武装の米兵、群衆の一人に高校生の私もいる。(上)
 写真下、立法院(現在の議会)、アイクは裏口から逃げた。このデモの中で大学進学決意する。国頭村から当時の交通事情で4時間かかった。高校2年生のやんばるからなぜ参加したかは「沖縄の太陽」の「高校生の島ぐるみの運動」で、謎を解いている。

無題A

となり組ーサミット会場に
 もたらされたニュース
 隣組の定年退職者が、近くの共同農地で野菜を作り、山羊など養っている。班サミット会場と呼ぶ、現役時代は山羊を養い野菜を栽培していた。
 辺野古の闘いでできなくなって、放置、後継ぎが出来た。散歩の傍ら寄るとサミット晩餐会。マグロの頭兜焼き、廃鳥を肴にして宴盛り上がっている。
 琉球新報からMV22オスプレイFAXで宜野湾市などに通告のニュース、コメント求められる。
 喪中で公式的なこと控えていたが、コメント、すぐ、中座し、平和委員会などに発信する。赤旗も情報なしと思い知り合いの記者に連絡する。

 2・3日前から政局は大連立(政策的連立含む)を伝える。秘密にしてきたオスプレイ配備、FAXで通告するとは、あきれる。民主党の体質とみる。
 辺野古アセスでも大きな争点、ハト・カン政権、沖縄に丁寧に向き合うと言ってきた。
 実に、丁寧な通告である。
 震災・原発の緊急性に便乗して重要な政治・軍事、安保問題を紙切れ1枚で無機質的に行う。

 名護市長選挙と民主党政権の民主主義否定
 稲嶺進名護市長誕生[010年1月24日]、そのひと月前、オバマ・鳩会談で在京メデイアは「日米同盟深化論」で横一線(12月16日社説)とキャンペーン。

 民主党政権閣僚たちは「斟酌しない」「海兵隊抑止論」「地政学的沖縄優位論」をメデイアと合体して大宣伝に乗り出す。地政学的優位論はナチスの哲学および社会・政治論、
 民主党政権はファシズム政権への道歩むと警鐘を鳴らしてきた。「お詫びする」「幾度も幾度も沖縄に来てお願いする」などなど大衆迎合の慇懃な態度を取った。
 そして、今、FAX1枚の紙である。

 決定事項を沖縄防衛局の事務行為で沖縄を支配する。
 政治学的論理破れて「力」による屈服を狙ってきた。
 政策的大連立、組織的大連立であれ、沖縄を行政事務で支配する前触れか。  
 60年代末のフランス式デモ
無題B
  (沖縄祖国復帰闘争記ー写真集から)

 大統領行政命令
  いま、 布令政治を想起させる。
 1952年4月28日サンフランシスコ条約発効、沖縄はアメリカ琉球民政府の支配下、大統領行政命令による布令政治で土地強奪、人権侵害、沖縄のファシズムとの闘いに入る。
 MV22オスプレイ配備通告は、日米政府共同の布令政治と言える。


追加更新(10:30)
 新報・タイムス社説


オスプレイ配備伝達 基地閉鎖で命守るしかない

[オスプレイ配備]ファクス1枚で通知か
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。