スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月はそこまで来ているー高江の闘いに決意を一つに!

2プラス2が開催されている。
 「マタナー」(またもか?)と、重みが無いように見える。3人の閣僚は辞任近い?、日米同盟を軍事機能日本中に拡散先行、トモダチ作戦の「成果」に立って、災害を前面に出して防衛範囲を拡大し、既成事実を積み重ね軍事的事務化を狙ってくるであろう。これまでのように政治ショー的色彩はないかもしれない。
下記に
 2プラス2合意文書添付
   (8:00更新)

来週の強化すべき闘い
 ☆☆☆高江座り込み4周年報告会☆☆☆
http://takae.ti-da.net/e3592042.html

日時:7月3日(日) 13:00〜16:00
場所:東村農民研修施設(村営グラウンド向かい、公民会2F)

13:00〜14:00は音楽イベント
出演:ユール&アミナ(西アフリカ伝統音楽と踊り)
   知久寿焼
   高江婦人会フラ(フラダンス)

14:00〜16:00は報告集会
講演:前泊博盛(沖縄国際大学教授)
   ヘリパッドいらない弁護団
   真喜志好一(建築家)

 私は参加できないので、イノシシの御汁を提供する。

沖縄防衛局への抗議行動強化
 高江への支援・激励の強化

 自然の驚異を体験しよう
  スクの寄る日
7月1日(金)は旧暦の6月1日である。前日から朝のイノーは荒れると言うよりイノーが揺れる。スク嵐である。スクガラスーのスクがイノーに押し寄せ、漁師が未明からイノーに待ち構える。
 前の日の水平線に稲光走り出す(スクビカリ)。自然の生み出す驚異の地球の姿。旧暦は日常ではないので気が付いたときに記録。

 潮漬けにするのはこの日に捕れたスク、イモで育った世代にはスクと芋は欠かせない食料であった。芋は喉にかかる、スクの味が胃袋に芋を流す。
 のどに魚の骨かかったら、イモを食べるといい。

 市場の刺身やさんに出る。銀色に輝く新鮮なスク、今は、冷凍室に保存して、シークワサー(米酢でもいい)で刺身として食べる。

 塩辛文化は西太平洋食文化共通の保存食であるとともに、ベトナムでは魚の醤油、豆加工文化圏を形成する。チーズ、ソース文化と違う植物タンパク質加工文化と思う。スクと豆腐は酒の肴だ。まだ、熱い豆腐にスクガラス、イカガラスなど塩辛かけて食べれば、朝飯はいらない。
海の潮で作った豆腐はなおいい。

 今年は、まだ、ジュゴン1号で海に出てない。ジュゴン1号を出すことがない闘いをすべきだ。


新日米合意
  2014年の縛り取る―民主党政権「実績」
 さらに、新たな基地(災害)
無題O

資料
日米合意文書(仮訳)
 パートナーシップ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kinkyu_img/20110621_01.pdf
 再編成
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kinkyu_img/20110621_03.pdf
 災害協力
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kinkyu_img/20110621_05.pdf
 駐留軍費
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kinkyu_img/20110621_07.pdf


イワヒバの盆栽です。胞子から育てました。
DSC09403.jpg
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。