スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンデスの恵みは琉球を変える


 台風6号、おかしな進路、日本の政治の可笑しさと似ています。北緯10度付近に雲の塊活発ですがばらついたりしている。6号前と似ています。今年台風の当たり年か?

「アンデスの恵は琉球を変えた」(続きへ)

 7・23浜岡原発廃炉集会の成功を

  脱原発求める国民運動、メデイアは報道に消極的ですが、中部地方のみなさんの「チムグクル」を期待したい。原発安全強化勢力(政・官・学・産・マスメデイア)は、安保深化と一体で、脱原発に対する敵意をあらわにし始めてきました。
 震災・原発の中、米軍予算は「聖域」のようです。国の根本にメスを入れようではありませんか。
NHKなどの情報、メール情報によると自衛隊基地と米軍の一体化がすすめられているようです。原発状況の中で実務的に進められています。すでに、基地の監視の重要性訴えてきましたが、「2プラス2」の実務的合意が知らないうちに進んでいる感じです。

米軍家族住宅385戸追加

 沖縄2紙の社説。
  昨日、泡瀬浚渫は辺野古作業ヤードと絡むと書いた。
泡瀬埋め立て問題
 琉球新報社説   
泡瀬」9月再開 道理通らぬ強引な判断だ
 沖縄タイムス社説
[泡瀬埋め立て許可]判決はクリアされたか

 続き(アンデスの恵みは琉球を変える)
 アンデスの恵み

古謡で見る琉球の地方(2)
 20日、NHK「テンペスト」に関して地方は、と、見てみた。今日は(2)とする。
古琉球と芋(1)

 「宝の海」20日は、古琉球を地方から見ると書いて、地方のオモロ(クエーナ)を紹介した。琉球の村の御嶽をアサギと言う。古琉球時代(便利上琉球王国完成前?)からの農業の変化など見たいといった。村の女性たちはノロを中心にアサギでアサギ遊びをする。典型的なのが久高島のイザイホウであろうと思う。
 私の村ではウスデーク「臼太鼓)として、今日まで受け継がれている。村の女性たちは白い着物(過去は)で踊る。15曲(国頭サバクイ含む)を次々に途絶えることなく謡い踊ってゆく、もちろん、サンシンの伴奏はない。

 芋之葉節
  うむぬはや うもり だきぬはや だちょり
  すてちぬ ごとに ちもすりて たぼり
    (「奥間臼太鼓―芋之葉節」
 (イモの葉が、こんもりと繁り、竹の葉を抱いている。ソテツのように大きな芋になってほしい。私の解釈が正しいなら。2番で、この謡は、一転して恋人と結ばれる願望の謡曲に変転する)
 
 この芋はどんな芋なのか
  琉球独特の芋か

 「ウム」はイモ、全国でも「ヤム」はイモ、私たちはイモと言えばサツマイモ、辞典を見ると山芋を自然薯と言う。球根は1本のようだ。この歌の芋はサツマ芋(薩摩では琉球芋、琉球では唐芋)ではない。
 この芋は竹を抱いている。ソテツのように育って欲しと願っている。どうも、自然薯でもない。琉球の「ヤムン」であろう。サツマ芋は竹を抱かない。
 かなり、以前だが、自然薯、パイプで育てたことがある。

 沖縄のヤムンは、いくつの房≪球根≫になり、育てようでは、3才の子どもほどになる。
 この芋は、蔓を人間が動かすと球根は太らない。

確かに、蘇鉄のようになって、地下に埋もれる。毒をもった蘇鉄と対比させていることにこの歌は、悲しくもあり、人々の願いが込められている。
 私は歴史家ではないが、琉球に粟、米が耕作される前、ヤムンとタロイモの栽培が先であろうと思うのです。
DSC09642.jpg
 (現在も栽培される「琉球自然薯」、大宜味村道の駅で販売されている)

 アンデスの恵みは
  歴史を変える。
 コロンブスの「新大陸」発見、ジャガイモ、トウモロコシ、トマトなどの野菜は西洋の食料革命、金銀は価格革命を起こす。
 それは日本だって同じだ。戦後カボチャで命救われたの少なくなかろう。
  沖縄戦、イモがどんなに命を救ったか。蘇鉄もしかり。
 イモ、食生活の主人公ではないが、歴史が支配階級の歴史であるが故だと思う。
 イモ、タピオカ(キャサバ)、ソテツなどのクジキン(デンプン)を食べた世代である。今でこそ、カタクリ粉ジャガイモだが、わたしは、マラリア世代、タピオカの片栗粉を飲まされた。良質のデンプンである。
 イモのデンプン(ウムクジ)、フライパンに油敷いて、食べてみたら、すごいオヤツだ。
 ターウムはシチビ(祝い事)に欠かせない。ターウムのデンガクは宮廷料理の一つをなすそうだ。
 イモのデンガクはウムニーと言い、貴重なオヤツであった。米とイモ、イモの葉(カンダバー)ジューシーは冬の一家団欒の夕食であった。豚の油(後述)が入ると「究極の料理」であった。

 島津琉球侵略(1609年)を前にして、1605年、野国総官は中国からカライモ持ち帰る。原産はアンデスである。同時期に、キャッサバも入ったであろうと思うのです。儀間真常が普及、薩摩経て、青木昆陽(8代将軍吉宗)が全国に普及させる。


 琉球では、20年間に琉球全域に普及したようだ。人口は飛躍的に増加するも、それは、また、琉球王国が幕藩体制に組み込まれて行く中で、琉球でも里山が形成されてゆく過程でもあると同時に、地方の民衆の貧困(七公三民)、自然の荒廃をもたらし、琉球の民衆は「そてつ地獄」の歴史を歩む。名三司官と言われる羽地朝秀、祭温はこの矛盾の産物であろう。
 でも、地方の女性たちは、アサギアシビ(遊び、神事)を継承してきた。王府は禁止できませんでした。

     恩納松下に 禁止の碑たちゅす
     恋しのぶまでの 禁止やないさめ
(恩納の松下になにやら禁止の立て札が立っているというが、
まさか男女の恋を忍ぶことまで禁ずるようなおふれではないでしょう。ネットから撮りました)

 琉球王国下、イモとともに、農村はいかに変化してゆくか。また、古謡で見る機会作りたいと思います。

沖縄返還闘争期、琉球主席であった西銘純治は、「日本復帰すればイモと裸足になる」(沖縄自由民主党)と米軍支配を正当化した。

 たかが、イモではないのです。イモとイノシシは琉球農民史の根幹をなすと思うのです。
 高江でもイノシシ垣根が重大な「振興策」なのです。

 07年3月、エクアドル首都キトからマンタまでバスの旅をした。
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。