スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンクル

 台風9号「チーム森田」は、東シナ海―大陸としますが、台風6号のように「不確定」(森田)で、太平洋高気圧弱くなっていますから一気に北に進路変えると思われる。まわりの雲巻き込み始めています。
  (30日、8:20)
9号、太平洋高気圧弱まったので、どこに進むか迷っています。北では豪雨で大変のようだ。
   (30日 10:40)

お知らせ
高江ヘリパッド(オスプレイ離発着訓練場)建設反対7.31集会
日時:7月31日(日) 14:00から
会場:東村高江区公民館
内容:①集会(各団体からの挨拶を予定しています)
   ②記者会見

東村祭り
 8月6日(土)
 福地ダム遊覧船で支流(高江近く)まで行けます。チャンス。
 下記をどうぞ
http://www.vill.higashi.okinawa.jp/UserFiles/File/kikakukannkouka/damunatuchirashi.pdf

ゥトゥムイ(ナンクルムイ―自然に生えてきた)
 チブル(頭=夕顔)
 庭にチブル(ウリの仲間)生え、栄養土ないから高江の腐葉土敷き、頑張れと励ます。満開のサンダンを巻き始めた、チョーウチョも群れている。小さな雌花の蕾も付き始めた。
 ゴーヤーもシブイもウリは「ゥトムイ」主流。
 実が付いたらポークランチョンミートとウブサー(煮込み)にすると美味だと、よだれが出る。台風発生、持ちこたえられるか。
 「ナンクル」は沖縄的、何とかなるサー。打ちのめされても、打ちのめされても悲観せず、楽天的に生きよ!?
DSC09794.jpg
  (台風に傷めつけられたサンダンカ満開に、チブルが共生)

 沖縄タイムス「オピニオン」詠む
 「見勝手な政争あきれ果てる」「6:30(宮森)の記憶慰霊の年深く」「辞任要求より本来の義務を」「日米地位協定が最優先」『豚送った方々御苦労忘れぬ」は声の欄、沖縄戦で死に絶えた豚ハワイから送られてきた。
 論壇「沖縄避難者への手」になっている。多くの県民が自分をかたる場である。まず、新聞はオピニオンから見る。
 論壇で好きな人は下地良男氏、英文学者だけにアメリカ情報駆使して、坦々としてわかりやすい。一度会ってみたい人である。御兄さんの明芳氏は教師としてのわが師、豪快な人であった。

 社説は「国策を問い直す時だ」。
 「2ぷらす2」は
   安保と原子力の安全義務とした
[原発と基地]国策を問い直すときだ

 庭に目を
DSC09798.jpg
スポンサーサイト

非公開コメント

No title

2011年7月27日(水)「しんぶん赤旗」(要約)

東電救済 原発継続を前提
賠償支援法案 衆院委で可決
高橋議員が反対討論

 福島第1原発事故の損害賠償にたいし国民負担で東京電力を救済する原子力損害賠償支援機構法案と国が東電に代わって仮払いする法案が26日、衆院復興特別委員会で民主、自民、公明などの賛成多数で可決。日本共産党は「政府と支援機構が『何度でも資金援助』し、大株主とメガバンクの責任を一切問わない異様な東電救済策だ」(高橋ちづ子議員)と反対、社民、みんなの党も反対。同法案は、国と電力会社等が支援機構を設立し、公的資金で東電の賠償金支払いを支援する仕組み。

 採決に先立つ討論で高橋議員は、迅速で全面的な賠償を行うためには、「東電の全資産を可能な限り賠償にあて、使用済み燃料再処理積立金など19兆円を活用し、原発メーカーとメガバンクに責任と負担を求めるべきだ」と主張。ところが法案では、賠償原資は電気代に上乗せされるなど、国民負担によってまかなうものだと批判しました。

 さらに高橋氏は、民自公3党の「修正」によって、賠償資金が不足すればさらに税金が投入されることや、機構が賠償の仮払いまで実施できることを指摘し、「東電は何もせず、すべて国が面倒をみるということになりかねない」と述べました。

 高橋氏は、法案が原発の継続を前提にしていることを批判し、「国の責任は、『安全神話』をふりまいて原発を推進し今回の事故を防ぎ得なかったことの反省にたって、東電に全面賠償を行わせ原発政策を根本的に転換することだ」と強調。

 仮払い法案・修正案に対しては「現状の改善につながらない」と指摘した。


*人災である原発事故に何ら責任を感じていない東京電力と、東電に融資する金融機関。彼らに責任を負わすべきである。経団連には、これら東電も加入している。米倉会長が、原発撤退という状況になれば、海外に逃げるようなことをのたまわっている。とんでもないことです。海外移転そのものが非現実的との指摘もある。許せないのは、原発事故という重大な人災を引き起こしたのが、経団連加入の東電であるにもかかわらず、米倉会長(住友化学)が被害者づらしていることである。加害者が被害者づらをするーどこかで聞いたような話。そう、つくる会系の教科書が、侵略戦争をアジア解放、祖国防衛戦争と描く構図と同じ。加害者が被害者の顔すんなよ。中央メディアの報道(とくにNHK)ー牛の放射線汚染のそもそもの原因は東電であるのに、いつの間にか、酪農家が加害者にさせられている。それって、何なの? 本当の加害者は東電と支援した人たちでしょう?忘れてはならないことです。
ましてや、国民に税負担を負わせるという、ふざけた話です。東電と金融機関、原発政策推進した自公も同罪。現政権はかれらに責任を負わすべき。そこをアキカン内閣は、認識すべきです。
プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。