スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風に負けずー象とアリ


台風9号と庭
 ネット不能12時間、高江停電などで連絡取れず。ドコモのアンテナもやられたようです。やっと、高江からメール入りました。

皆さま
先週3日(水)、防衛局員は私達の説明を求める声を無視して作業を強行しようとしました。
明日以降も来る事が予想されます。
ご支援をお願い申し上げます。

ヘリパッドいらない住民の会
〒905-1201
沖縄県国頭郡東村高江85-12
Tel&Fax 0980-51-2688
Email hanoi215@gmail.com
  (7日 18時)


 庭の朝顔、持ち直すか。期待したい。
 7夕の墓掃除できませんでした。周辺に水あり、国頭回る。いくつかの要件こなす。普通なら高江回るのですが・・・
  (台風模様の写真添付します)
DSC09882.jpg


由井晶子女史
 『沖縄 アリは象に挑む』出版
先日、7月31日、高江集会で由井晶子(元沖縄タイムス編集局長、論説委員)女史の姿ありました。
 友人のメールで本出版との情報、イベントの紹介ありました。
 辺野古海上闘争の日記「宝の海」(05年3月3日)に「アリの道」を書いています。「喩えた人」、由井女史かかもしれない。

 由井晶子・著『沖縄 アリは象に挑む』
   出版記念イベントのご案内です。

●2011年 8月 26日(金)・・・・東京
●2011年 8月 27日(土)・・・・大阪

 宝の海のアリと象
「巨大象2頭とアリの道」
「辺野古の闘いを「象とアリの闘い」に喩えた人がいた。確かに軍事大国と経済大国の二つの巨大象に、アリの群れが立ち向かっている。辺野古への道を行ったり来たり、海上の道を行ったり来たり、アリの道のようだ。
 ですが、アリにも戦略や戦術があって巨大象を倒すこともある。私達は海上だけで闘っているのではない。
 アメリカ合衆国国防省、ラムズフェフエルド国防長官を被告として沖縄ジュゴン(自然の権利)訴訟(ジュゴン裁判)では、米国政府の提訴棄却請求が退かれ,本審理に入る。国防長官、ペンタゴンが米法で裁かれる。

 国際サンゴ学会、IUCU勧告、グリーンピースのネットは巨大象の耳にアリの道を作り、耳の中でアリの軍団が騒ぎ、象を倒す。
 辺野古ニングワチカジマーイの予想で作業船も出ず、こちらも、あらかじめ予想し船出さず。「命が宝」。観天望気的中。明日も天気厳しいが平常体制で臨む。」
  (「宝の海」05年3月3日、前日、グリーンピース「虹の戦士号」那覇港入港、
   『愚直Ⅰ』より)

DSC09883 (0)
(人工海岸、砂大量に流される、大宜味村 根路銘海岸)

 海上闘争
  私の写真撮った人おりませんか
 当時、カメラを持つゆとりありませんでした。もし、「宝の海」の読者に、当時、ジュゴン1号(旗艦)、平和丸を操る、私の写真、持っている方おりませんか。提供ください。

 『愚直』Ⅱ
 辺野古アセスをどう闘ったか
 辺野古毎日日記『愚直Ⅰ』とした。米軍再編成に入り、陸上での闘い、バンクーバー世界平和フォーラム、エクアドル国際反基地ネットワーク結成総会、ストラスブルグ反NATO行動と国際活動、日本平和大会国際会議2000年から毎年報告、辺野古・大浦湾生物調査、名護市内遊説(この期間で180回は越す、自治会約50、選挙演説含まず)、9条世界会議など全国的辺野古報告、高江(07年)からの闘い、これらの活動、入院含めてV字準備書前まで、現場に生きるものとして、まとめたいとも思う。 
 辺野古の闘いは「金食い虫」、年金生活者にゆとりなし。

DSC09885.jpg
 (ゴルフレンジ事務所の鉄骨屋根丸ごと約30m飛ばされる。空に舞い上がったであろう。局部的竜巻起こったか。国頭村比地川、津波のように恐ろしい力です。私のアタイバル(庭畑?)


ドル基軸よさようなら?
  ラテン・アメリカの協同
 09年1月、オバマ大統領は麻生太郎元首相を最初の客として迎えた。核抑止力を第一に挙げ、日本と中国にアメリカの国債を買うよう促した。
 アメリカの国債が低下、支払不能に落ちった。ラテン・アメリカはドルとの決別、親米のコロンビアが過激に主張しているのが、面白い。すでに、ラテンアメリカ、政治的にアメリカと決別。
 米国国債引き受けた日本(約9000億ドル)、中国は1兆ドル超、アメリカは原発被害のなか、絶好の機会と農業・畜産物、強引に押しつけ、ウランなども同様であろう。
 核抑止力は変わらないが、アメリカは脱原発日本より早いであろう。
 経済的に、また、エネルギー政策含め、アメリカ依存を変えないとダメだ。それにしても、産経新聞、人間社会が核と共存できな事実の中で、原発「万能主義」はひどすぎる。

 枯れ草、木の枝などで
 オクラ・ピーマン台風に打ち勝つ
DSC09887.jpg

 ゴーヤー・ナベーラ・
  高江の枯草で保護したキューリ
  何とか生きています。
   倒して置いたオクラ元気です。
 たくましい我が家の野菜たち 
DSC09888.jpg

 (ゴーヤーホームセンターに苗ありません。貴重です。2号、6号、9号に打ち勝ってきました。近所にもおすそ分け喜ばれています。熟れたゴーヤー種とって乾燥、冷蔵庫で冬作り、苗作ります。台風が来ても、次から次に苗作り諦めてはいけない。台風に勝たなけれならない。メアさんに送るためにも? カミさんゴーヤーの漬物、楽しんでいます。)


若い人たちよ
 つぎは 君たちの時代だ

  誇り高く、
東京 8・6原発やめろデモ
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。