スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオサンゴ(1)-アオサンゴシンポへの誘い

辺野古の海に魅せられて
   登紀子さん海に出る
 22日、日本電波ニュースが私をビデオに納めたいという。この5年海にしかいないから、陸でとっても、私らしさがないと、海でインタビューすることになった。すでに、平和丸予定が入っていて、ジュゴン1号で出れる。
 平和丸で加藤登紀子さんが出て、カメラが回っていた。中央右座っているのが登紀子さん。
008.jpg
 アオサンゴ群落
   IUCNアオサンゴ絶滅危惧種に
IMG_20090922213641.jpg
 アオサンゴ群落
   撮影する棚原盛秀さん

IMG_0001_20090922213704.jpg
 アオサンゴ撮影する
    安部真理子女史
IMG_0002_20090922213719.jpg
 アオサンゴから
   大浦湾の驚異の世界を見よう
IMG_0003_20090922213740.jpg

 日米外相会談に続き、日米首脳会談
   さて、

アオサンゴシンポ
  続きで


   湾内世界最大のアオサンゴ
     地球が創造した驚異の生態系 

 アジサシ、大浦干潟、塊状ハマサンゴ、ユビエダサンゴ。ジュゴンと藻場など新「宝の海」で見てきました。今日からアオサンゴに入ります。
 私は幼い時にマラリアに罹り、慢性中耳炎に罹り、医学が未熟の時代ですから、左は弱く、手術もしたのでタンクは担げません。ジュゴン1号、平和丸の船長として多くの研究者、カメラマンから写真の提供、「ミナレー、チチナレー」(見て、聞いて)、そして、ウミンチュー(昔の漁師)の漁法で得た海底調査で分析します。
 今、生物多様性の輪が広がってさまざまなイベントがあります。
 みなさんも足を運んでください。 


> ■COP10 (生物多様性第10 回締約国会議) 1 年前イベント■
>
> シンポジウム「アオサンゴを天然記念物にしよう
>     ~『生物多様性』を学ぼう・守ろう~」
>
> 日時:9/28(月)18:30 - 20:30
> 場所:教育福祉会館(古島)(098-885-9621)
>
>  2007 年9 月、大浦湾チリビシで大規模なアオサンゴ群集が
> 発見されました。学術的にも注目されているこのアオサンゴ群集の
> 調査を行ってきた沖縄リーフチェック研究会、すなっくスナフキン、
> じゅごんの里の3 団体が、この沖縄の宝を守り、次世代に伝えていく
> ため、この9 月県議会に天然記念物指定の陳情を行いました。
>  
> このシンポジウムでは、アオサンゴ群集がなぜ天然記念物に
> 値するのか、どんなにおもしろいものであるかについて、そして、アオ
> サンゴ群
> 集とそれを取り巻く環境が、近頃よく耳にする「生物多様性」とどのよ
> うに繋が
> るのか、実際に調査をなさった方々にお話しいただきます。
>
>  沖縄の生物多様性を守るため、アオサンゴ群集の天然記念物指定を
> 実現させましょう。多数の来場をお待ちしています。
>
> プログラム
> ○「地元からの声~アオサンゴ発見の喜び~」東恩納琢磨
> ○講演
> 1.「辺野古・大浦湾の生物多様性」花輪伸一(WWF ジャパン)
> 2.「大浦湾チリビシのアオサンゴがおもしろい!」
>  安部真理子(沖縄リーフチェック研究会、理学博士)
> 3.「大浦湾チリビシのアオサンゴの天然記念物の価値」
>  目崎茂和(南山大学教授、環境学、地理風水学、理学博士)
>
> 資料代:500 円
>
> 主催: 沖縄・生物多様性市民ネットワーク
> 問合わせ先: 沖縄・生物多様性市民ネットワーク事務局
> (吉川090-2516-7969)
>
> 同時開催! 沖縄・生物多様性市民ネットワーク  合同写真展
>       9/27(日)- 30( 水) 沖縄市役所
>       泡瀬干潟、辺野古、高江、奥間川流域等の写真が大集合。
>       もちろん、大浦湾チリビシのアオサンゴも!
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。