スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能動的・多面的に動いた19日の沖縄



能動的に多面的に動く沖縄(19日の沖縄)
 防衛省の姑息な戦術に抗して


 日米政府の強権的な動きに対して沖縄は「受け身」で動いているのではありません。嘉手納爆音訴訟初公判、裁判所が「静かな夜」求めなくても、愚直に嘉手納・普天間とも「理性の府ー裁判所」に理性的に立ち向かい国の機関の理不尽許しません。北部市町村会も異例の県外移設決議です。

 1、アセス審査会
   画期的な審査会長発言と異例の住民意見の取り入れ
  まず、QABニュース動画をーあなたとあなたの仲間の学習のためにー拡散しよう。
QAB
http://www.qab.co.jp/news/2012011933261.html
 
 私は正月以来、アセス審査会、知事意見は「激励」になると言ってきました。
  審査会長および審査委員の発言は期待に添えるものです。
 
 辺野古に思いを寄せる団体はまず率先して審査会激励の行動を起こそう。
そして、あなたの仲間に広げよう
  日本全国の個人も直筆の手紙で「激励」をしましょう。
 
  沖縄県知事にはゼロ・オプションの意見書、手紙を出しましょう。

  沖縄県環境影響審査会会長は宮城邦冶
 知事は仲井真弘多

 下記は送り先

  沖縄県環境生活部環境政策課
       〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
         TEL 098-866-2183
         FAX 098-866-2308
         e-mail:aa025003@pref.okinawa.lg.jp

 2、嘉手納爆音訴訟初公判(原告2万)
QAB
http://www.qab.co.jp/news/2012011933263.html

 3、北部市町村会決議

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-19_28699/
 4、国際連帯求めて-地位協定韓国・沖縄
   市民団体が訪米(21日~28日)
   韓国と沖縄の連帯です。
QAB   
http://www.qab.co.jp/news/2012011933269.html

 5、高江ー
19日高江工事止めています。「宝の海」随時緊急情報更新しています。嘉手納爆音・審査会の開かれてい    る日に「鬼の何とか」で襲ってきましたが、高江情報の拡散お願いします。全国の抗議行動力になりまし た。
 こちら今日も開いて
http://takae.ti-da.net/

どんな屈辱にも、頭がおかしくなるようでも
  高江の皆さん 耐えています。わたし、辺野古海上闘争を思い出しています。わたしがブルの押し寄せる前面に座ったのは1962年、世界遺産になった玉陵保存闘争、足にブルが押し出してくる土の冷たさ、恐怖でした。でも、玉陵は世界遺産になった。
 HPの言葉です。短い言葉ですが、沖縄非暴力の姿です。写真の座り込みと重ねてみてください。

「機械のように何時間も、同じ台詞を至近距離から拡声器で叫び続けています。
話し合いをするつもりは全くありません。
私達は耐え続けています。
頭がおかしくなりそうです。」

内閣、防衛省、防衛局に抗議をお願いします。
 *沖縄防衛局 098-921-8131
 *防衛省03-5366-3111
 *内閣官房 03-5253-2111

沖縄防衛局長・真部朗 fax098-921-8169
防衛大臣・田中直紀 同03-5269-3270


 アセス審査会
  どのように見るか、新聞記事は「宝の海」第2信午後4時更新

 私の高江支援
 3週、高江に廃鶏送っています。昨晩もみんなで料理してテントで夕食のようです。廃鶏とは?

 私の「廃鶏メッセージ」



 「廃鶏、ナンダバー」
 与儀さん、森住さんに託そうと思った廃鶏メッセージ、いつも忘れます。
 メールで送ります。
 高江の皆さん
 毎日、ご苦労さんです。
 辺野古アセス評価書も防衛局コケタようです。面白くなります。
 
今日も廃鶏を差し入れします。
 
 むかしむかし、辺土名高校で教鞭を執っていました。当時、大保の森には養鶏所ありまして、卵を産まなくなった鶏はもらえました。もちろん、解体は自分で行います。
 学校で校内球技大会行われると、僕のクラスはテント張って、昼食は廃鶏のお汁を作る。前日は、生徒に鶏の殺し方、解体の仕方教えます。安全カミソリ1本で解体する。いまなら、僕は残虐な教師で、即、首であろう。
1987年7月、塩屋湾で沖縄国体漕艇競技が開催されました。漕艇競技は沖縄では初めて導入された競技でした。
 船の免許を持っているために、少年競技の世話を依頼され、少年の競技力向上委員、監督をせざるを得ない羽目になり、自らもシングルスカルと言う艇を漕ぎます。オリンピックなどで観ると華麗なのですが、不安定な艇で転覆との闘いです。カヌーは誰でもすぐ乗れるようになります。
 沖縄最初(?)の漕艇競技監督です。歴史が浅く、にわか監督でした。
毎日毎日転覆、競技は1000m、生徒が試合に出られる条件は、私と500mで勝つのが第1次テスト。
 成年は、勤務を終わっての練習です。
 寒い冬、体を温めるために廃鶏のお汁を作り艇庫で待ち、打ち寄せられた流木を集め、薪を囲んで、廃鶏の焼肉でミーテイング、私の監督業は「焼き鳥屋」、でも、大切なことです。食べることは『絆』を豊かにします。
 高江から塩屋湾を回る夕暮れ、いつも、思い出すのです。廃鶏。
 辺野古の闘いカヌー。フォアーやエイトをボートで並走して監督らしい掛け声、シングルスカル漕いだ経験が辺野古で生きてくるのです。
 人生無駄と思われる経験が人生のどこかで生きてくるものです。
 授業が終わると塩屋の海、初めての競技、しかも、他県のクルーは大企業の実業団、沖縄国体事務局は「何点取れ」の命令、ステーキと廃鶏の戦いでした。
 監督勲章は痔と中耳炎手術。

 冷たいテント、廃鶏囲みながらユンタク、絆を豊かにしてください。
 美味しいラーメン店、鶏がらスープ、廃鶏です。
 必ず、回復して訪問します。
 廃鶏は、当時の伝手で、手軽に入りますので気にしないで、イノ豚も手に入れておきます。
 鶏をカッターナイフ1本で捌けますか。
 森住さん講演終わって温まってねー。来週は魚の屑?タコの頭?
 大西 照雄



スポンサーサイト

非公開コメント

正気の沙汰ではない

●高江情報を見て、そこまでやるか?正気の沙汰ではない、と沖防に抗議の電話。
●国家公務員ー君たちは、公僕でしょう。公僕がやることですか、恥ずかしいとは思いませんか、F島さん!T良さん!眞鍋局長!やがて、米軍と一緒にたたき出されますよ。
●昨日は、高江のブログをコピーし、メール・FAX。県外在住時、お世話になった皆さんに、沖縄で何が起こっているかの話をする。メールを見て、Y先生、カッチンから高江に行くと返信。今日も高江当番とのこと。
●昨日の県審査会の様子、夕方のニュースも見ましたが、杜撰な「環境調査」に厳しい批判がぶつけられたようですね。会長の宮城邦治さん、今やっているかわかりませんが、ひところラジオで闘牛について詳しく、楽しい解説をしてくれていました。会長としての冒頭発言を掲載します。

ー県民が受入れる意見に アセス審査会 宮城邦治会長ー

 評価書審議に当たって、私見を述べる。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた環境影響評価書、沖縄県への提出の期日と方法については広く県民の注目するところであった。このような中、事業主体となる沖縄防衛局は、年末28日の午前4時すぎという非常識な時間帯に、県庁守衛室に評価書を搬入した。
 本事案が米軍基地の新たな建設という沖縄の社会における将来的な課題と、自然環境の保全にかかる課題が内包させることを考えたとき、今回の沖縄防衛局の姿勢と提出の手法については審査会の会長および県民の1人としては了解しがたく、憤りを禁じえない。しかしながら、このような提出の仕方であっても、法的には受理せざるを得ないとして、沖縄県は評価書を受理し今回、審査会に諮問した。
 委員の皆さまには苦渋の中で審議入りしつつも、真摯に、かつ専門的に審議を重ねなければならない。委員の皆さまも県民の1人としては、おのおのにさまざまな思いがあることを承知しているが、この審査会では、これまでもそうであったように、真摯なる審議を重ねる中で、広く県民に受け入れられるような知事意見を思案し、形成することが責務だと考える。
 また、本事案に関心を持ち、審査会を傍聴している県民の皆さまには、委員の心情と胸中、審査会の性格、権限などにご理解いただき、審議が滞ることなく進捗sるよう、ご協力をお願いする。
 審査会での審議時間にも限りがある。条例に定める期限の中で広く県民に受け入られるような知事意見の形成は、県民皆さまの理解が必要だと重ねて申し上げる。日本政府および沖縄防衛局においては、県民および国民の多大な関心のもとで審議、形成される知事意見を県民の声として誠意を持って受け止め、沖縄の将来に禍根を残すことのないよう強く要望する。(沖縄タイムス1月20日(金)三面)

田中防衛大臣、眞鍋局長、真摯に受け止めよ!

田中防衛大臣のインタビュー記事も掲載されている。電波では、就任早々の失言を意識してか、インタビューへのコメントは棒読み(”失言防衛”ーフジ めざましTV)と報道されている。
田中眞紀子氏は、おいおい慣れてくるので、あまりいじめないようにーだそうです。
 
基地と隣り合わせの人々に寄り添わないから、失言(ホンネ)したり無神経な発言になる。

●大西先生の廃鶏にありつきたいですが、事務所空けるわけにはいかず…。高江情報を見乍ら、発信します。

●高江のみなさん、私は、持ち場でできることでがんばります。みなさんの情報を拡散しますので、がんばりましょう。国・沖防の卑劣な行為許さないためにも。

 
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。